P1000163

1975年に移籍したAristaからの第2作。ミッドナイト・バンドを加えよりソウルフルな曲を中心としたスタイルに変わっていったギル・スコット・ヘロンとブライアン・ジャクソン。バンドの音やボーカルがより重厚になりグルーブ感が増している。ジャケットを両開きにすると、地球をバックにした軍服のゴリラがサウスキャロライナと南アフリカを両手に掴み仁王立ちしているというインパクトのあるデザインは、レコードならではの楽しみで実においしい。

Gil Scott-Heron: vocals, electric piano
Brian Jackson: keyboards, flute, Moog synthesizer
The Midnight Band:
Bob Adams: drums
Danny Bowens: bass guitar
Victor Brown: vocals, bells, tambourine
Adenola: congas
Charlie Saunders: congas, chinese drum
Bilal Sunni Ali: harmonica, flute saxophone
Barnett Williams: percussion (congas, shakerai, gembre drums


1. Johannesburg
2. A Toast to the People
3. The Summer of ’42
4. Beginnings (The First Minute of a New Day)

5. South Carolina (Barnwell)

6. Essex Pt.1 
7. Fell Together
8. A Lovely Day

関連記事  TuneCore, アーティストへの支払い総額が3億3000万ドルを突破
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ