P1000159

コロンビア時代のフレディ・ハバードは賛否両論かと思います。ポップ/クロスオーバーに寄りすぎたフュージョンバンドを率いたかと思えば、VSOPに参加したりにもかかわらず毎年1作のペースでアルバム作っていたのはすごいと思う。ハバードは常にその時代の音楽の最前線に立っていたジャズ・ミュージシャンであり、自らのスタイルを変化させることに躊躇しなかった数少ないアーティストの一人であったことは間違いない。2008年12月に逝去。

Personnel: Freddie Hubbard (vocals, trumpet, flugelhorn); Maurice Green, Mike Levy (vocals); Johnny “Guitar” Watson, Ray Parker (guitar); George Cables (strings, electric piano, Clavinet); Carl Randall Jr. (flute, tenor saxophone); Al Hall (trombone); Ian Underwood (Moog synthesizer); Henry Franklin (bass instrument, acoustic bass); Chuck Rainey (bass instrument); Spider Webb, Carl Burnett (drums); Buck Clarke (congas, cowbells); Mayuto Correa (percussion)

1. Midnight At The Oasis
2. Put It In The Pocket
3. Lost Dreams
4. Liquid Love
5. Yesterday’s Thoughts
6. Kuntu

関連記事  New Day
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ