別のレコードを探していたのですが、良いレコード、それもすばらしいカバージャケットのままのレコードに出会うときには興奮しますね。ハービー・ハンコックの1965年の「Maiden Voyage」から3年後の1968年に発表したソロアルバム。メロディックなアレンジと複雑な右手のインプロ、しかし聞いていて心地良い感じにさせるところがハービーのピアニストであると同時に音楽家としての才能の深さ。David  Bythewoodのカバー写真が非常に印象的。

I was looking for different records (more free Jazz stuff), but all of sudden, came out of nowhere. It is always joyful to find a good record with fine cover, which happens in rare cases for record collectors. This one is what I like to call the trilogy of early Herbie Hancock pieces, with Empyrean Isles (1964), Maiden Voyage (1965), and Speak Like A Child (1968). This is a great mix of modernism and sophisticated arrangement. By the way, there was a episode from Cowboy Bebop series with same name.

Herbie Hancock (Piano), Thad Jones (fluegelhorn), Peter Phillips (Bass trombone), Jerry Dodgion (Alto flute),Ron Carter (Bass), Mickey Roker (Drums) 

Tracklist:
“Riot”
“Speak Like a Child”
“First Trip”
“Toys” 

“Goodbye to Childhood”
“The Sorcerer” 

 

関連記事  Turntable.fmの共同創業者が開発する、EDMに特化した新たな音楽サイト「DJZ」がローンチ間近に迫る
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ