ハードポップの巨匠、ドナルド・バードのセプテット・バンドにブラス+混声コーラスが加わった、シャープでタイトな厚みのあるサウンドでぐいぐいと引っ張るとにかくカッコイイの一言!。グループ感とアーティストのソロの掛け合いがパンチがきいて非常にカラフル。アレンジメントはデューク・ピアーソン。全体でアップテンポなリズムセクションにポーンとスキャットボーカルが加わりながらも、ビッグバンドの要素とハードボップのアーティストによるインテンシティが組み合わあわさった隠れた名作だと思います。

DONALD BYRD(Tp、fl-hrn)、STANLEY TURRENTINE(ts)、HERBIE HANCOCK(p)、FREDDIE ROACH(org)、GRANT GREEN(g)、BOB CRANSHAW(b)、GRANDY TATE(ds)BRASS:Jimmy Owens,Ernie Royal,Clark Terry,Snooky Young(tp)、Jimmy Cleveland,Henry Cocker,J.J. Johnson,Benny Powell(tb)、Jim Buffington,Bob Northern(frh)、Don Butterfield(tu)、Joe Ferrante(tp) EIGHT VOICES
BAND AND VOICES CONDUCTED BY COLERIDGE PERKINSON

1 Brother Isaac
2 Noah
3 I’m Tryin’ to Get Home
4 I’ve Longed and Searched for My Mother
5 March Children

関連記事  Event | "PEACE" -A Tribute to J DILLA- J Dilla トリビュートナイト by Wax Poetics Japan @ UNIT 代官山 2/10 #Jdilla #jaydee #hiptop
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ