行ってきました!12月12日、新宿ロフトワンプラザで開催された「Twitter Night vol.4 #twn4 「ツイッター本著者と2009年のつぶやき納め」に。会場は人が多かったです!そしてiPhone率の高さ。会場からそれぞれTweetされていましたし、壇上のゲストのみなさんもiPhone、携帯、PCでインタラクト。これも2009年を象徴する絵ですね。ハッシュタグは「twn4」(まとめが見れますので是非!)

そして本題であるゲストの「Twitter本著者」5名とMCの2名の7人による座談会+トークバトル。ゲストは
『ツイッター 140文字が世界を変える』著者のいしたにまさき氏 @masakiishitani
『仕事で使える!「Twitter」超入門 』著者の小川 浩氏 @hiro_roadster
『「ツイッター」でビジネスが変わる』訳者の小林啓倫氏@akihito
『Twitter社会論』著者の津田大介氏 @tsuda
『Twitter小説集 140字の物語 』著者の内藤みか氏 @micanaitoh

そしてMCの
『Twitter マーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』著者の川井拓也氏 @himanainu_kawai
『Twitter革命』著者の神田敏晶氏 @knnkanda

ここにあるだけでも7冊、さらに勝間さん/広瀬さんの本も発売間近、そして内藤さんは来年1月に新書が(「夢をかなえるツイッター」)発売予定とTwitter関連書籍は引き続き注目を集めることでしょう(神田+津田:書店ではTwitterコーナーがある)。

ここからはトークからゲストの見解を簡単に紹介します。
– いしたに:本の書店在庫レポートがつぶやかれたのが新しかった。津田:今日のゲストでTwitterをずっと続けているのは自分ひとり
– いしたに:自分の本は津田氏の本の正反対に位置している。ジャーナリスズムなどの視点を取り除き、生活などおもしろい面について書いたのが自分の本。
– 小川:2009年のTwitterはオバマ、Twitterの企業利用についてブログ書いたら炎上した、「ストリーム」構想はベンチャーに波及、今後はWebとリアルの接点がより近くなる
– 川井:TwitterとUstreamがリアルタイム革命を引き起こす
– 小林:マイクロブログはガートナーのハイプサイクルの幻滅期に入っている。
– いしたに:USでは町のレストランにもTwitter IDがある。普及率は高い。
– 内藤:今後も自分らしさを強調したツイッター本は出版される。
– 津田:Twitterはさらに下の階層、プロトコルとなれるところにまで来ている気がする。

それから自分の気になった点をいくつか挙げます。
– 小林:Twitter本は、今日集まった著者の本を読めば網羅できる。ブームは終わり。これからはどのように外へ広げられるかがTwitterの課題。
– 単純にビジネスになるかならないかという論点(PV数やフォロワー数など)は取り払って、新しい価値観からTwitterやその他のウェブサービス、例えばSNSやブログも見る必要がある。
– 神田:TwitterやUst、ウェブサービスの連鎖効果をどうビジネスに結び付けられるか、その価値をどう作り出せるかが2010年以降の重要なテーマ

イベントの最後にダダ漏れをしてくれたそらのさんを神田さんが紹介。ありがとうございました。
当日のダダ漏れはこちらのustで:
[Part 1]

[Part 2]

このイベントで感じたことは、Twitterという極めてデジタルな世界からアナログな本が出版されて、人が集まるイベントをやって、それを更にデジタルなUstreamで遠くの人が見るというウェブとリアルの融合が既にできていること。小林さんもおっしゃっていましたが、Twitterという手軽なツールの利便性は、インフラとしてさらに広がると感じました。また、ゲストの皆さんとそれぞれのTwitterの使い方/見方は、2009年のTwitterの象徴なのかなと思いました。相互コミュニケーションメディア、または情報配信メディアとしてのTwitterの広がりを示してくださったのですから。皆さん、ありがとうございました。

関連記事  ホセ・ジェイムズ Jose James/Warrior SBTRKT (サブトラクト) (@sbtrkt) リミックス (Brownswood Recordings)
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ