51l-weyadvl-1

Max ROACH, Clifford BROWN Quintet – The Historic California Concerts 1954

1954年2月にバードランドのライブレコーディング(アート・ブレーキー – バードランドの夜、ブルーノート)を行ったクリフォード・ブラウンはその後ドラマーのマックス・ローチとクインテットを結成。このレコードはクインテット初のカリフォルニアでのライブを未発表音源と編集のない音楽で構成している。カリフォルニアの甘い夜にブラウンが信じられないブローを繰り広げる。彼の「仕組まれた」規定外の音は聞き手を圧倒してしまったに違いない。まるでバードがホーンに乗り移ったようだ。この後2年2ヶ月後に他界してしまうブラウンなど誰が想像できたであろうか。

[1st Concert]

Max Roach – Drums

 

Clifford Brown – Tumpet
Teddy Edwards – Tenor Sax
Carl Perkins – piano
George Bledsoe – bass

[2nd Concert]
Max Roach – Drums
Clifford Brown – Trumpet
Harold Land – Tenor Sax
Richie Powell – Piano
George Morrow – bass

01. Intro by Gene Norman & Max Roach 1:01
02. All God’s Chillun Got Rhythm (Jermann-Kahn-Kasper) 6:18
03. Tenderly (Gross-Lawrence) 5:25
04. Sunset Eyes (Teddy Edwards) 6:40
05. Clifford’s Axe (Clifford Brown) 7:15 
    Recorded at the Pasadena Civic Auditorium, April 1954)

06. Jordu (Duke Jordan) 10:09
07. I Can’t Get Started With You (V.Duke-I.Gershwin) 4:04
08. I Get A Kick Out Of You (Cole Porter) 8:37
09. Parisian Thoroughfare (Bud Powell) 7:45
    (Recorded at the Shrine Auditorium, Hollywood, August 30, 1954)

 


Get gifts for them and cashback for you. Try Bing now.

関連記事  Facebookが音楽ストリームサービス Spotify のチーフデザイナー兼開発者をスカウト、音楽サービス展開への布石?
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ