2006年のMacWorldで初めてIntel Mac「iMac」を発表した頃から、アップルは毎回のイベントで次々と製品発表をしています(アップルの製品タイムライン)。今では一企業の発表会とは思えないほど、毎回メディアとユーザーからの注目と期待が集まる一大イベントへと変貌しました。アップルのイベント(スティーブ・ジョブスのイベント)はいつ開催されるのか、そしてなにが発表されるのかをいち早く知りたいというユーザー心理を見事に利用した、非常に効果的な演出がアップルの独創性をさらに引き立てています。そして、その期待値を最大に高める要因は、鮮烈でインパクトのあるプレス向け招待状です。面白そうなので、アップルのこれまでのイベント招待状を集めてみました。何が発表されたか分かりますか?

Media_httpstaticlalaw_jjjsh
09/05/2007

Media_httpstaticlalaw_wgcfp
09/09/2008

Media_httpstaticlalaw_dhilx
10/08/2008

Media_httpstaticlalaw_mujdy
09/09/2009

Media_httpstaticlalaw_bovvb
01/27/2010

27日には何がでてくるのか、今から好奇心がそそられます。

ネタ元:
MySpaceのコンテンツ・ソーシャリゼーション・ディレクター Sean Percival氏 (@Percival)の記事より
関連記事  YouTube、パーソナル化機能付き「YouTube Radio」をテスト中
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ