photo by Jaime Martinez 
M.I.A (@_M_I_A_)の3年ぶりの新アルバム「?(タイトルは未発表)」のリリースが6月29日に決定し(さらに日本では23日に先行販売)、プロモーション活動が加速してきました。
アルバムからの先行シングル『Born Free』が4月26日、突然公式サイトで公開されました。9分におよぶショートフィルム風のPVは、ドキュメンタリー感が漂う内容で衝撃的な結末を迎える過激な映像描写になっている。このビデオはバイオレンスで過激な内容ですので、視聴の際はご注意ください。 

<p>M.I.A, Born Free from ROMAIN-GAVRAS on Vimeo.</p>
この「Born Free」PVは27日の時点で、YouTubeから削除されました。それに対してM.I.A.はTwitterで(削除を要請したレーベルに)反論、「miauk.comで視聴して」と叫んでいます。
 

アルバムのトラックリストは、26日に音楽サイトPitchforkのTwitter(@pitchforkmedia)を一日ジャックした時に、こちらのような形で発表しました。それにしても、デスクトップのスクリーンショットとは意外。新アルバムには、おなじみのプロデューサー、Major Lazerのコンビ、Diplo (@diplo、、Mad Decent)とSwitchに加え、ダブステップ界の注目プロデューサーで今年のフジロックにも参戦するRusko (@ruskoofficial)、M.I.A.のセカンドアルバム「Kala」にも参加した若手プロデューサー、Blaqstarr、2009年にブレークしたSleigh Bellsのデレック・ミラーとコラボレーション。『Born Free』を聴いただけですが、これまでのエレクトリック路線から一転して、パンクロック調の躍動感あふれるドラムに、これまでのどのアルバム以上に攻撃的でアグレッシブなサウンドをミックスしたパワフルな音に仕上がっています。常にアルバムごとに音を変えてきているM.I.A.なので、この最新作も必然的に期待が高まりますね。


1. The Message
2. Born Free
3. Meds And Feds
4. Lovealot
5. Tequila
6. It Is What It Is
7. XXXO
8. Tell Me Why
9. Story Told
10. Space 

関連ソース
M.I.A. on Myspace
N.E.E.T Recordings (M.I.A.主宰のレコードレーベル)
Interscope (ユニバーサル・ミュージック・グループ)M.I.A.所属のレーベル
XL Recordings
M.I.A. music video elicits strong online response (4/27, CNN) 
M.I.A.、超絶ヴァイオレンスな新作ビデオクリップを発表 (4/27 Myspace) 

関連記事  Beatport、レーベルやアーティストへの支払いを一時凍結する緊急事態。親会社SFX会長が謝罪
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ