アジャイルメディア・ネットワークさんのイベントで、5月27日発売のキャノンの新しいコンパクトデジタルカメラ『IXY 30S』のブロガーミーティングに参加してきました。イベントツイッターはハッシュタグ「#ixy_mtg」からご覧ください。

Media_httpcwebcanonjp_fvfbl

写真で見るキヤノン「IXY 30S」 デジカメWatch
写真で堪能する“攻めのIXY”「IXY 30S」 ITmedia

現在IXY Digital 920 ISを常備していますが、ここにたどり着くまで何台かのコンパクトデジタルカメラを試してきました。IXYを選ぶ理由はコンパクトなサイズとピント合わせの早さでした。しかし、昼夜問わず写真を撮る機会が多いので、実際は機能を使いこなせていなかった+場所に適した設定が即座に使えなかったなど、まだまだ不安な部分はありました。そこで今回のIXY 30Sです。IXYでは初めてF2.0ズームレンズを搭載し、高感度センサーと画像ノイズを抑えるキャノン独自の「DIGIC 4」エンジンを採用することで、室内など暗い場所でも速いシャッタースピードで撮影ができることが、新IXYの特徴のひとつです。室内の音楽ライブの写真撮影などが多いので、どのくらいの感度で撮影ができるのか、早くも気になります。

今回のIXYはデザインが明らかにこれまでのモデルとは違います。滑らかなフォルムと鮮やかなソリッドカラーは、メタリック調の多いコンパクトデジタルカメラの中で一層際立ちます。

カラーバリエーションは5色。5色とも表面の仕上げが異なります。

スポーツカーを意識してデザインしたという今回のIXYのラフスケッチ。30Sは、初見では女性をターゲットにした携帯電話のようなポップなイメージに落ちて、デジカメらしさが無くなった感じがして引いてしまいましたが、実際にデザイナーさんのお話を聞いてみると、ターゲットは「こだわりを持つ男性」とのこと(スーパーカー世代)。「DIGIC 4」処理エンジンなど、一眼レフに搭載される技術を盛り込んだ30Sは、まさにスーパーカークラス。車のパワーをそのままデジタルカメラに詰め込んだイメージから今回の30Sが生まれたそうです。実際に手にとって見た感じが、思っていた以上にすばらしく、サイズや手触り感、軽さもちょうどいい感じです。カラーもビビッドな艶入りで、持っているだけで楽しくなりそうなカメラです。実際にこれまで黄色や赤のカメラは手にしたこともありませんでしたので、常識を覆すデザインです。

 
次に、撮影モードを幾つか試してみました。はじめは部屋を暗くしてろうそくの光だけで撮影してみました。
30Sをローライトモードに設定して、ろうそくを撮影してみました。
ろうそくの光だけで、iPhoneのスイッチを入れて撮影しました。部屋はかなり暗かったのですが、簡単できれいに撮れました。ノイズもほとんどなく色もはっきり出ています。
 
そして夜景を撮影。こちらはオートで窓越しに撮影しました。

IXY Digital 920 ISで撮影
 
IXY 30Sで撮影。横断歩道の白線が目で数えられるくらいはっきりと映っています。これはフラッシュを使わずにオートで撮影しています。920 ISはF2.8ズームレンズ、30SはF2.0ズームレンズで、この数値が低ければ低いほど、より速いシャッタースピードで撮影ができ、暗い場所でもブレが少なくなります。
 
最後に、ハイスピード連写とハイスピード動画の撮影です。ハイスピード連写は、撮影したデータを高速処理するCMOSセンサーを活用し、最大約8.4コマ/秒での高速撮影を実現、またハイスピード動画は240fpsで最大30秒まで撮影ができます。シャッターボタンを押すだけで連写ができます。押している間中「パシャシャシャシャシャシャシャシャ」とシャッターを切る爽快な音が聞こえています。30Sの連写は他社製品と違い、メモリーがいっぱいになるまで連写が可能なので、撮りたいだけどんどん撮影できます。
</object>
こちらはイベントのスペシャルゲスト、ヨーヨー世界チャンピオンBlackさんの世界の技をハイスピード動画で撮影しました。実際はかなりのスピードでしたが、動画ではヨーヨーの動きがはっきりと見ることができます。ここでヨーヨーがでてくるとは、さすが世界のキャノン。チャンピオンのヨーヨーは上下だけでなく左右にも飛び出してくるので、まさに3D! 連写には最適ですね。この小さなコンデジでこんなに連写ができるとは、驚きの機能です。ペットやスポーツなど日常的なものをいろいろハイスピードで撮影してみるのも面白いですね。個人的にはサッカーのドリブルとか、メッシやクリスティアーノ・ロナウドの足元を集中的に数台の30Sで撮影してみるのも面白いかもと思いました。
 
IXY 30Sは、操作性、機能性ともに充実して、簡単にオートで美しい撮影ができるということだけでもすばらしい上に、この個性的なデザインには正直、驚きました。最近手に入れたガジェットも機能性はもちろん重視しますが、同様に注目するのはデザインです。持っていて楽しくなる、使ってみたくなる、持ち歩きたくなるようなデザインの製品には、思い入れも深くなり、愛着も湧いてきます。そうしているうちに面白さや新しい使い方を発見したり、同じ興味を持つ人との交流に結びついたりできる、そんな可能性もデザインは持っていると思いました。そういう意味で、IXYはただ技術力だけを追求していくだけでなく(テクノロジーは当然進化します)、楽しみをユーザーに与えてくれる方向性を示してくれたことが、非常にうれしいです。
 
このCanon IXY 30Sを1か月お借りすることができましたので、いろいろ撮影してみます。特に夜、屋内での音楽ライブやクラブのDJイベントでの撮影が多いので、そのような場所ではどのように効果を発揮するのか試してみたいと思います。今回のイベントにご招待いただき、キャノンさん、アジャイルメディアさん、ありがとうございました。
関連記事  アーティストに朗報! YouTubeがライブ・ストリーミングの制限を緩和
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ