Media_httpflavorwirec_fwhgg

via flavor wire

4月に書いたブログに引き続き、iPadではどの程度音楽制作/プレイができるのかについての続編です。既存の音楽専用ソフトウェアや機材はこれからも利用されると思いますが、iPadは確実にプレイの幅や始めるキッカケを広げてくれるという個人的見解は変わっていません。そして最近YouTubeやUstreamなど観ていると、DJ TaroさんなどiPadで音楽プレイしている動画が増えてきたなという印象を受けます。音楽業界は停滞気味ですが、iPadは音楽の世界に新しい波をおこしています。
 
今回はこちらの動画をご紹介。

</object>
DJ経験の無かったRana Sobhanyさん (@ranajune)は、iPad購入の列に並んでいるときにiPadでDJミックスや音楽制作ができたら面白いだろうなというアイデアがひらめき、実行してしまいました。その結果、世界初のiPad DJとして、4月に行われたiPad開発者イベント『iPadDevCamp』でDJプレイを披露、GigaOMをはじめWiredやブロガーのRobert Scolble氏から紹介されるなど、彼女の革新的なアプローチは注目を集めています。それから今回の機材セッティングはいたって低コストで効率的。iPad 2台($500 x2)、Numarkの2 ch ミキサー ($100)、USBオーディオインターフェース($100)、アプリ(各$9.99)で計$1200くらいです。これは普通にデジタルDJ機材を揃えた場合、Technics SL1200 2台($600 x2)、Serato Scratch ($500)で計$1700、Trakorなら$400程度ですが、専用ソフトですからiPadのように多目的ではないのでコスト的にはいかがかと思います。

iPadの音楽プレイ/制作

DJ経験の無かったRana Sobhanyさん (@ranajune)は、iPad購入の列に並んでいるときにiPadでDJミックスや音楽制作ができたら面白いだろうなというアイデアがひらめき、実行してしまいました。その結果、世界初のiPad DJとして、4月に行われたiPad開発者イベント『iPadDevCamp』でDJプレイを披露、GigaOMをはじめWiredやブロガーのRobert Scolble氏から紹介されるなど、彼女の革新的なアプローチは注目を集めています。それから今回の機材セッティングはいたって低コストで効率的。iPad 2台($500 x2)、Numarkの2 ch ミキサー ($100)、USBオーディオインターフェース($100)、アプリ(各$9.99)で計$1200くらいです。これは普通にデジタルDJ機材を揃えた場合、Technics SL1200 2台($600 x2)、Serato Scratch ($500)で計$1700、Trakorなら$400程度ですが、専用ソフトですからiPadのように多目的ではないのでコスト的にはいかがかと思います。

動画で使用したアプリは、こちらです。動画ではMacBookにLogic開いていますが、一切使いません。
KORG iELECTRIBE for iPad 

</object>

– Loopstatic HD
元はiPhoneアプリだったのですが、この度iPad向けにアップグレード。さらに操作性が良くなっています。900種類(約80分)のループ素材を備え、フィルター/ゲート/フランジャー/グリッチリピーター/ディレイなどエフェクトをリアルタイムで使える。インターフェース面ではエフェクトパッドを中央に配置。ダブステップかけてくれたりしてくれる選曲にも感謝。

</object>

iDaft
パネルをタップして、ダフト・パンクの「Harder, Better, Faster, Stronger」の声サンプルを再現できるアプリ。使い始めるとやめられない。


– Loopstatic HD
元はiPhoneアプリだったのですが、この度iPad向けにアップグレード。さらに操作性が良くなっています。900種類(約80分)のループ素材を備え、フィルター/ゲート/フランジャー/グリッチリピーター/ディレイなどエフェクトをリアルタイムで使える。インターフェース面ではエフェクトパッドを中央に配置。ダブステップかけてくれたりしてくれる選曲にも感謝。

– iDaft
パネルをタップして、ダフト・パンクの「Harder, Better, Faster, Stronger」の声サンプルを再現できるアプリ。使い始めるとやめられない。
 
</object>

IK Multimedia GrooveMaker iPad

</object>

関連記事  Spotify UKが黒字化を達成! サブスクリプションが好調で成長を牽引。売上42%アップ
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ