Iphone-4-info-graphic_20100609

6月24日の発売日を控え、iPhone 4の料金形態が発表されました。発表に当たり、スティーブ・ジョブス氏のキーノートとともに「This Changes Everything. Again」とのスローガンが掲げられていた今回の新iPhone。確かにアップルの製品はスペックだけでは語りつくせない体験やユーザビリティに魅了されてしまうことに初代iPhoneの発表で改めて気付きました。とは言え、画面の良さ、発色、動作速度の向上などハードウェアの高い品質が、アップル製品の使い心地の良さを生む要因となっている点として評価するべきです。どのような点がiPhone 3GSから変化しているのか、下のグラフィックは分かり易くまとめてくれています。

Media_httporigincdnma_nofrb

via Mahalo.com

ソニー・エリクソンのXperiaのスペックも見てみました。
プロセッサー:Qualcomm Snapdragon QSD8250 1GHz
バッテリー:290分(約5時間)
メモリー:16GB (microSDHCカード)
カメラ:810万画素
動画撮影:VGA 800×400
解像度:480 x 854ピクセル
サイズ:119 x 63 x 13.1 mm
質量:139g
関連記事  ジェイ・Zが買収した定額制音楽配信「TIDAL」、高音質を武器に世界30カ国で開始。テイラー・スウィフトも配信中
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ