Media_httpcdnventureb_svjve

オンラインメディア調査会社のcomScoreが発表した4月の米国におけるオンライン動画視聴調査において、2009年12月にサービスを開始したばかりの「Vevo」がビューワー全体1.78億人のうち、4人に1人の4,360万人を獲得し、動画サービスのビューワー数で全体4位に急速に浮上してきました。

Media_httpcdnmashable_igcpv

ソニー・ミュージック、ユニバーサル・ミュージック、アブダビ・メディアが設立したオンライン動画サービス「Vevo」は、グーグルと提携することで動画をYouTubeにホスティングしてもらっています。つまりVevoはYouTubeの音楽チャンネルとして採用されたということになります(Vivo on YouTube)。今回の提携で、グーグルとユニバーサルは広告収入を分配することで了承しています。また、Vevoは4大音楽レーベルのうちユニバーサル、ソニー、EMIの音楽動画を提供しており、2009年始めに全ての音楽動画をYouTubeから削除したワーナーを除いて、大手レーベルおよび傘下レーベルの動画配信サービスとしての地位を確立しつつあります。
 
Vevoのコンセプトは「音楽動画向けHulu」(Huluは大手メディア企業が参加している米国のテレビ番組/映画ストリーミングサービスです)になることという大きな目標があり、YouTubeではレディー・ガガの「Bad Romance」は217,520,773再生、ジャスティン・ビーバーの「Baby」は173,029,957再生、リアーナの「Don’t Stop The Music」は117,237,596再生されており、レディー・ガガはYouTube全体の全期間で最も再生された動画になっています(三人ともユニバーサルと契約)。そのほかではブリトニー・スピアーズやビヨンセの動画もVevo経由です。ちなみに、日本で最も再生された動画はミュージックビデオではなく、子供が陽気にウクレレを演奏するこちらの動画。(20,388,072再生)
Sony Insider: VEVO Aims To Be The Hulu Of Music Videos

Media_httpmediamemoal_jtoab

 

 
Vevoは6月10日から始まるワールドカップ南アフリカ大会の開幕にあわせ、南アフリカヨハネスバーグでライブイベントを開催、サイト上でコンサートの模様をストリーミングする予定です。音楽動画といえばMTVを思い浮かべますが、Vevoは新しいMTVになるのか、それとも全く新しい音楽動画サービスになるのか、今後も楽しみです。
 
4月の統計では、ビューワーは300億動画を視聴し、うちGoogleサイト(YouTube含む)が全体トップの43%、130億動画が再生されました。ユニークビューワー数においても、グーグルはトップの1.4億ビューワーを獲得、2位にヤフーが4949万人で続きます。
 
関連ソース
関連記事  [ダブステップ] Ikonika (アイコニカ @ikonika)『Contact, Love, Want, Have』レビュー(Hyperdub リリース @hyperdub 2010)
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ