via MovieViral
週末サンディエゴで開催された世界最大規模のエンターテイメント展示会「コミコン2010 (Comic Con 2010)」。10万人以上が来場し、コミック、映画、玩具、アニメ、ビデオゲームなど現代ポップカルチャーを体験することができる大イベントです。そして近年では、監督や俳優などが出演し公開予定の映画プロモーションを行うことが通例となってきました。

Media_httpwwwnewsinfi_yfdri

今年、映画スタジオ「Legendary Pictures」が行ったプロモーションは2012年に公開予定の『ゴジラ』です。Legendary Picturesは『バットマン・ビギンズ』や『スーパーマン・リターンズ』、『ダークナイト』のヒーローものをはじめ、『300』、『インセプション』を手掛けるエンターテイメント色の濃いスタジオ。Legendaryが配布していたこちらのTシャツを着てカメラの前に立つと、ゴジラが熱線をはき吠えるという拡張現実(AR)のギミックが見れるしゃれたプロモーションになっています。AR制作はTalking Dog Studio。この「New Gozdilla」の突然の登場は、ネットでも好意的に受け取られており、鳴き声といい、火を吹く音といい、ローランド・エメリッヒ監督のトカゲ版『Gozilla』(1998)に比べて、本格的なゴジラ復活を予感させてくれます。

Media_httpjulalienfil_pqeek


コミコンというイベントでは特に、子供から大人までミステリー好き、SF好きファンが集まる巨大な「コミュニティ」を視野に入れた、予告ティーザー・バイラルマーケティングは、話題が波及されやすく多くの注目を集めることで成功を収めてきました。最近ではJJ エイブラムズの『クローバーフィールド HAKAISYA』(2007)、『ダークナイト』(2008)、『アイアンマン2』(2009)と、公開を控えたSF映画のバイラルキャンペーンがキックオフしてきました。これらの映画は興行成績を収めてきましたので(下のデータをご参考)、今後も映画スタジオはコミコンをキックオフの場所としたバイラルキャンペーンを重要視していくことは間違いないと思います。

データ元:Box Office Mojo
クローバーフィールド:興行収入 1.7億ドル (予算2000万ドル)
ダークナイト: 10億ドル(予算1.85億ドル)
アイアンマン2: 6.16億ドル (予算2億ドル)

関連ソース
Godzilla Return to Comic-Con (7/24 MovieViral) 
Legendary Pictures公式サイト(英語) 

関連記事  独自コンテンツ、ライブ配信ーーTyler, The Creatorがメディアビジネスを開始。「Golf Media」アプリを発表
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ