BLADE RUNNER revisited >3.6 gigapixels from françois vautier on Vimeo

3600万画素(36メガピクセル)の1000倍にあたる「3.6ギガピクセル」(縦60000 X 横60000 ピクセル)で、映画「ブレードランナー ファイナルカット」から167,819フレームを抜き取って組み合わせた動画。

制作者はこう説明しています。

 [This is an] experimental film in tribute to Ridley Scott’s legendary film “Blade Runner” (1982). This film was made as a unique picture with a resolution of 60.000 x 60.000 pixels (3.6 gigapixels). It was made with 167,819 frames from ‘Blade Runner’.

 アートとテクノロジーの美しい融合。画像を追っているカメラの動きで空中を漂っている感覚になります。

何度も見ている映画ですが、視点を変えるだけで全く違う作品になってしまうところが、本作の魅力の一つかも。例えば、逆再生してみるとか、断片的にしてみるとか。ストーリーは筋があるけれど、時間軸には縛られていない。「インセプション」よりも概念的かもしれないと、この動画で改めて感じてしまいました。

BLADE RUNNER revisited >3.6 gigapixels

関連記事  エイベックス・ベンチャーズがロックバンド「感覚ピエロ」の新会社に投資。エイベックスが示す「エンタメVC」の新たな潮流
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ