Media_httpwwwmediabis_wilfi

自分のつぶやきやTwitpicなど写真などを製本してくれる新しいサービス「Twournal」が開始。自分のつぶやき、リプライ、カラー/白黒写真(Twitpic, Tweetphoto, Yfrog)をまとめて、お気に入りの写真を追加したカラー表紙で一冊の本を作ることが出来ます。

こちらがつぶやき本のデモです。右から左にクリックでページがめくれます。
http://issuu.com/twournal/docs/demo

特徴として、Twournalでは自分のつぶやき本を、ペーパーバッグまたはデータで友達やファンなどに販売できるオプションが付いています。つぶやきの量にもよりますが、Twournalの製本は15ドルからで、また自身の本を販売する場合、販売主は好きな価格を設定することができます。

“All Twournals have color covers, can include replies and Twitpic/Tweetphoto/Yfrog pictures in color or black and white. You can choose a custom picture for your front cover. Select which tweets you want to start and end at. And you can add a dedication message to appear after your title. We’ve also added the option to sell your Twournal. Which we hope people will use to create unique products for their friends and fans.”

同じサービスにTweetbookzがあります。こちらは200までのつぶやきと制限がありますが、Twournalにはありません。

一時期のブログ本のようですが、タレントブログと違い、Twitterユーザー全員が対象であることは、はたして日本ではどのようにうけとめられるでしょうか。

Twournalなどのサービスでつぶやきを日ごとに記録することは、一定の人にとってTwitterは、ブログや日記と両立していなくても、単体として同等の記録メディアとしての価値があることの証拠です。現在はベータ版のみの展開ですが、希望者にはアクセスコードをTwitter経由で配布していますので、興味のある人はつぶやいてみてください

関連ソース
Twounal 公式サイト
@Twounal
“Shit I Say” By Me, Myself and I (8/18 Wired)

関連記事  Music Chart | Daily Dose of Goody
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ