Media_httpflylyfcomwp_pyjtm

iPodiPadを使ったDJプレイが徐々に拡大してきていますが、どんなに技術が先進しても、オールドスクール流のDJプレイにノスタルジーを感じてしまう。それならばと、次世代のDJ向けに、デザイナーのGerg Kauman氏がマルチタッチのDJターンテーブルをデザイン。デモ動画の7:10から始まるライブの模様がカラフルでカッコいい。サンプルやループも使えるし、セットアップも簡単で、カラフルなデザインが魅力的、本当に実用性がありそう。
必要な機材は、音楽素材を保存したUSBメモリーだけ。
Media_httpflylyfcomwp_bihag

マルチタッチの問題は、テーブルに移る画面を操作することに熱中してしまい、クラウドとのインタラクションができなくなることだったそうです。そこでKaufman氏はプラッター(回っている円)の中にオーディオやボリューム、ピッチコントロールを表示することで、ハンドジェスチャーを使ったマルチタッチプレイができるようにしました。

例えば、以下もモーションでプラッターをなぞると
 ボリュームを上げたい場合は
– 4本の指でプラッター画面を上方向になぞる

 EQを変えたい場合
– 1本指でHigh
– 2本指でMid
– 3本指でLow
Media_httpflylyfcomwp_hfsmg

このようなDJツールもありますが、リアルなDJ体験というよりアプリを操作しているみたいですね。
töken experience from yöyen munchausen on Vimeo

関連ソース
関連記事  人気アーティストのエド・シーラン、Spotifyで英国人アーティスト初めて音楽再生が20億回を突破
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ