Hi-Fi from bante on Vimeo
ジャズ史上最高のレーベル、ブルーノート・レコード。そのジャケットアートをカッコよくクールにアレンジした動画をご紹介。

ジャズはブルーノートであり、ブルーノートはジャズ。と言いきってみましたが、おそらく半数の方は同意してもらえるのではないでしょうか。ボップからハードボップ、ファンキー、ジャズファンクと時代を象徴する音楽でありながら、時を超えても全く色あせない音像。そしてブルーノートのもう一つの魅力がデザイナー、リード・マイルスが手掛けたジャケットアート。モノトーン調の写真を大胆にカットし、ロゴ、タイポグラフィーの色で奥行きを出しているジャケットは、「かっこいい」を印象付けるアートの世界。音楽が最も輝いていた時代をレコーディングしたブルーノート作品の数々には、理屈抜きでますます引きつけられます。僕が買うレコードの半分はジャケ買いです、ちなみに。

リード・マイルスのジャケット集はこちらでお楽しみください
The Jazzy Blue Notes of Reid Miles

ブルーノートのジャケットアートにインスパイアされたレコードカバー集

Media_httpfontfeedcom_wdxyo
Media_httpfontfeedcom_siajr
Media_httpfontfeedcom_fpzje

via Almost Blue — Album Covers Inspired By Blue Note Records (the FontFeed, 5/2/2009)

関連ソース
Blue Note Album Covers (Still & Animated) (AnotherDesignBlog Kathy Kaven)
Blue Note Records公式サイト

関連記事  Spotifyと競合するフランス発の音楽ストリーミングサービスDeezerがアジア圏でサービス開始 - タイ、シンガポール、マレーシアへ進出
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ