Media_httplh5ggphtcom_aazfh

オンラインクーポン提供、共同購入クーポン、位置情報サービスのクーポン提供など、昨年に引き続きオンライン購入サービスの新しいモデルが着実に広がっています。

新聞や雑誌など既存の広告に比べ、より効率良く消費者に情報を提供し直接購入に結び付けられるチャンネルとして店舗やサプライヤーは「モバイル広告」に大きな注目を集めまっています。また消費者にとっても、QRコードやスマートフォンを活用した「「モバイルクーポン」による割引には大きなメリットがあります。そのようなビジネスと消費者をつなツールとしてモバイル・プロモーションを有効活用し始めた企業が増加してきました。

フェイスブックやグーグルがQRコードによるモバイル広告を支持しているように、今後も大きな成長が期待されるモバイル・プロモーションはそのくらいの規模で今後はどう成長していくのか、下の図が分かりやすく示していますのでご紹介。

詳細データ:Mobile Advertising and the Rise of Coupons (7/26 Money Saving Blog)

下の図はモバイル広告の規模を示しています。中の丸が2008年度、外が2013年。2008年度は1.6億ドルが2013年には31億ドルに拡大、約200倍の成長を見せています。また2008年には「SMS (ショートテキストメッセージ)」ベースの広告が全体の60%強を占めていますが、2013年にはSMSは10%以下に減少し、「検索」ベースの広告が75%近くまで増加しています。

Media_httplh5ggphtcom_adglk

下の図は、消費者がスマートフォンでどのようなサービスを受け取りたいかを示しています。トップは36%で「グローサリーのクーポン」です。2位は29%で「割引用バーコード」、3位は「余暇に使えるオファー」、4位は「映画プロモーション」、ラストの5位に「ロケーションに応じた店舗からのプロモーション」となっており、消費者にとって必要性の高い食料品や割引などがトップにきました。

Media_httplh4ggphtcom_lobua

アメリカでの一般消費者のクーポンによる支出は2009年ではインターネット・クーポンが42億ドル、モバイル・クーポンが9000万ドルで、2014年にはインターネット・クーポンは226億ドル、モバイル・クーポンは65億ドルにまで拡大する見通しです。

Media_httplh5ggphtcom_xnioc

クーポンを使った購買パターンを示した下の図によると、57%の消費者がクーポンがなければ購入に至らなかったと回答しており、約216ドル多くクーポンを使って購入しています。さらに、クーポンを使った消費者の91%が同じ店舗で買い物をする傾向にあります。

Media_httplh3ggphtcom_bbnfe

2014年におけるグローバル市場でのモバイルクーポンの成長予測は、3億ユーザーに達しクーポンによる割引は合計60億ドルにまで相当します。

Media_httplh4ggphtcom_twfeg

最後に、消費者は何を通じてモバイルクーポンを入手できるのかをまとめた図です。トレンドとしては、「QRコード」、「SMS」、「位置情報サービス」、「アプリ」があり、興味深いのは「NFC スマートポスター」でNear Field Communication (短距離無線技術)タグが埋め込まれたポスターに携帯端末をかざしてクーポンを直接入手する方法も挙げられています。

関連記事  Untitled
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ