Media_httpimagespcwor_cuiic
マイクロソフトのメディアプレーヤーZuneが、ようやく米国・カナダ以外に進出を始める。

先日発表されたWindows Mobile 7のリリースに伴い、今秋からイギリス、フランス、イタリア、スペインなどの欧州各国でユーザーは「Zune Marketplace」(Windows Phone 7に搭載済み)、「Zune Pass」や音楽・映画レンタルなどのサービスを利用することができる。
Media_httpizdnetcombl_vioct

「Zune Marketplace」はアップルiTunesの競合する音楽配信オンラインストアで、音楽(800万以上)、動画、TV番組、アプリの購入が行える。「Zune Pass」は定額メンバー制(8.99ユーロ)ダウンロード・ストリーミングサービスで、メンバーは楽曲を無限にダウンロードし、Windows PC、Windows Mobile、XBox360でプレイすることができる。

ZuneのソフトウェアはアップルiTunesと違い、Windowsマシンのみで稼働する。その一方、Zuneはアップルにはないゲームコンソールで利用することができ、Xbox Liveを使うユーザーはZuneで購入したコンテンツをXbox360上で楽しむことができる。

マイクロソフトの狙いは、携帯音楽プレーヤーだけでなく、スマートフォン、PC、テレビといったデジタル・リビングルームへの進出を思われる。すでに普及しているWindows OSの他に、世界4,600万人ユーザーを抱えるXbox360、そして今回発表のWindows Mobile 7でg互換性の強い環境が展開でき、コンテンツ利用がより一層簡単になる。

関連記事  YouTube、数週間の内にサブスクリプション型サービスを開始か?
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ