Media_httpimagesfastc_bkaep

Fast Companyの記事「Smartphones Make More Money From Streaming Music Than Downloads: Study (調査:スマートフォンは音楽ストリーミングで音楽ダウンロードより収益が上がる)」で、Spotify やPandoraのような音楽ストリーミングのビジネス的なメリットが紹介されていた。先日ブログに書いたSpotifyとマイクロソフトの Windows Phone 7でのパートナー提携に見られるように、音楽ストリーミングはPCなどデスクトップ環境よりもモバイル環境で今後進展が見られると予想される。

*          *          *
調査会社Informa Telecoms & Mediaは新たな調査で、モバイルサービス事業者は独自のダウンロードサービスを諦め、音楽ストリーミングサービスと提携することで、収益をアップさせ顧客ロイヤリティを構築できるとレポートしている。典型的なユーザー数2000万人規模のモバイルサービス事業者は新規顧客獲得から年間1.09億ドルの利益を獲得することができると調査は明らかにしている。

現在、大多数のモバイルサービス事業者はアップルのダウンロード型音楽サービスモデルを再現することが成功への鍵だと考えており、この調査は彼らの顧客と純利益の両方にとって有益なモデルを検討するべきと指摘する。
Media_httpwwwmacnewsw_dsijl

これは、広告モデルとプレミアム会員モデルの事業形態でメインストリームな市場に進出しようとしているPandora、Spotify、Rhapsodyなどサードパーティ音楽ストリーミング企業にとって大きな兆候になる。例えば、6500万人ユーザーを抱えるPandoraを、ノキアまたはサムソンのスマートフォンにデフォルトで搭載した場合、想像できないほどの新規ユーザーが新たにサービスを利用し始めるだろう。今後、テキストメッセージング (SMS)や通話料金、または月額 (パケット定額) 料金に含まれて利用できるようになれば、音楽会員制モデルは飛躍する。
Media_httpwwwboncherr_bijgc

Spotifyのヨーロッパ事業開発担当の Adrian Blair 氏は「サービス事業者が過去5年に始めた多くの音楽ダウンロードサービスは、ほとんど成功せずに日用品化されてしまいました」と語る。
*          *          *

残念ながら上記の音楽ストリーミングサービスはライセンシングの問題で、日本で利用ができず、現在利用できる地域は世界でも限定的です。これらのサービスが従来のオンラインラジオと違うことは、ユーザーが選曲できるパーソナルなプラットフォーム、オンライン上で共有できるソーシャルな機能、楽曲を購入できるECサイトの機能を完備することではないでしょうか。

3つのサービスは1000万曲以上の音楽ライブラリーを持ちます。プレミアム会員料金を比較してみました。

Pandora 月額3ドル (年間36ドル)
Spotify 月額10ユーロ
Rhapsody 月額10ドル

米国ではiPhoneの音声+データを合わせた月額料金は55ドルからなので、ここに10ドルほど加わることになる。悪くない価格。自分なら使います。

その他にもRdioMOGSlackerなどのフリー音楽ストリーミングサービスも拡大しています。レコード会社にどのように利益を還元するか、そして膨大なライブラリー、資金力を持ち音楽販売で一人勝ちのアップルにどこまで競争できるか、そこが音楽ストリーミングサービスの大きなチャレンジですね。

関連ソース
関連記事  アップル iPad のCM「Meet iPad」がYouTube効果でバイラルビデオに。#ipad by @tuaw
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ