*最新情報を最後に追加しました(10/13)

Media_httpidailymailc_idlzq

昨日書いたブログで、ストリートアーティスト、Banksy 監督した「ザ・シンプソンズ」のオープニングを紹介しました。

ところが一晩経った11日、シンプソンズを放送するフォックス・ネットワークが動画をYouTubeから削除したとTechCrunchがレポートしています。(したがって上記のブログ内から動画は現在見れません)

フォックスはその代わりに、ストリーミングサービスのHuluに番組をアップしました。All Things DのPeter Kafka (@pkafka)氏によると、「もし放送から12時間待っていたら、合法のコンテンツがHuluで見ることができて、その上同じバイラル効果を獲得できた」と説明しています。

「同じバイラル効果」? 何かロジックがおかしいと思いませんか? Huluはアメリカでしか見れませんので、その時点でバイラル効果が発揮されていませんが、これはどういう意味なのでしょう? 

たとえフォックスが12時間後にHuluで合法コンテンツをアップしても、Twitterでトレンドにならなければ、またつぶやきやブログで話題のクリップが見れなければ、オンラインコミュニティで騒がれることもなく、毎週放送のコンテンツと同様にただアップされただけで終わってしまった可能性があります。

それにフォックスが削除しても、合法・違法に関係なくYouTubeにはすでにコピーがアップされていますし、これらの総ビューワー数は(多分)実際にHuluで見る総ビューワー数より多くなったりするかもしれないので、企業はこれからもユーザーに価値ある動画コンテンツの共有方法を有益に活用することを考えてもらいたいです。それからよりリアルタイムな動画アップへの対応が確実に要求されるでしょう。
ご興味のある方は下のリンクからどうぞ。

 

UPDATE

昨日(10/12)は見れなかったYouTubeの動画が復活していました。3日目で再生回数は2,500,000回近くまで伸びてきました。

関連記事  Skype創業者が作った音楽ストリーミングサービスRdioが、ライバルのSpotify創業の地スウェーデンに進出
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ