Media_httpwwwcnetcouk_jnfqe

欧州で人気の音楽ストリーミングサービス「Spotify」(スポティファイ)が、Facebookやグルーポン、Zyngaに出資するロシアの投資グループのDigital Sky Technologies (DST)がリードする投資ラウンドで1億ドル以上を調達するとTechCrunchがレポートしています。

TechCrunchのMichael Arrington氏(@arrington)は複数の情報源による情報としており、DSTがリードする投資ラウンドは1億ドル以上で、Spotifyの企業評価額は10億ドル(1B$)になるそうです。

Spotifyはウェブ・モバイル向けに1000万曲以上の楽曲から無制限ストリーミングを提供する定額性購読型音楽ストリーミングサービス。ユーザーは広告入りの無料会員(フリーサービス)または有料会員向けプレミアムサービスを選び、好きな楽曲をいつでもどこでもストリーミングしたり友人と共有することができる。Spotifyはこの『フリミアム』なサービスを現在欧州7カ国で展開しています。

image via Flickr 

Business InsiderのPascal-Emmanuel Gobry氏は、DSTの投資を高評価している。Spotifyは米国サービス開始に関して、交渉中のレコード会社やパブリッシャーとライセンス契約に合意する代わりに巨額の前払い金額を要求されている。今回の投資はその資金になるのではと予想される。またGobry氏は、成長フェーズにあり、既にユーザーを獲得しているスタートアップに投資してきたDSTにとって、Spotifyへの投資は彼らの投資モデルと合致すると説明している。

Spotifyは現在まで約82.3Mユーロ(約1.1億ドル)を投資家から調達してきた。今回の資金調達はこれまでと規模が違い、非常に高い評価額となる。

Spotifyはこれまで投資グループのFounders Fundから資金調達を受けており、Spotifyの取締役には前Facebook社長であり、現Founders Fundのショーン・パーカーがいる(映画「ソーシャルネットワーク」のあの人物です)。Facebookにも投資するDST、前Facebook社長。今回のコネクションはだいたい想像ができますね!

Media_httpimagesfastc_bitjl
image via fast company 
(右が
ショーン・パーカー、左が映画『ソーシャルネットワーク』でパーカーを演じるジャスティン・ティンバーレイク)

ふと考えて、Spotifyをロシアで展開しても面白いと思いました。ネット人口は今後も拡大することが予想されるし、成長とビジネス拡大が見込める魅力的な市場かと思いました。ロシアとオンライン音楽ビジネス、可能性はどうでしょうか。

ご参考までに、最近のSpotifyの動向です。

コメントは
Facebook.com/jaykogami までご連絡ください

ソース
関連記事  音楽ストリーミングサービス「Spotify」がREMの新アルバム「Collapse Into Now」をフルサイズ音源で有料プレミアム会員向けに先行公開
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ