3月11日に発生した東日本大震災で被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

まだまだ予断を許さない状況に被災していない僕たちも脅えて暮らす毎日がこれからも続きそうです。

僕個人としてもこの2週間ばかり何をやっても手に付かずの状態でした。それでもこんな中だからこそ、自分にもできることを出来る範囲内で行うことがとても大事だと、考え続けています。そして仲間と一緒にアクションを取ることで大きくなる、共感の輪の可能性を僕は信じています。

自分に出来ることを考えて、被災者を支え、価値を提供できるアクションに参加していきたいと思います。

TwitterやFacebookなどソーシャルメディアを通じて送られる励ましのメッセージや安否を気遣う投稿などを見ていると、世界からのポジティブな思いに心が動かされます。多くの人の思いに後押しされ、必要な情報と援助を必要なところに届ける取り組みが行われている今の環境こそが、テクノロジーと人によるソーシャルな力の核心だと思います。

亡くなった方のご冥福を心からお祈り申し上げます。そして行方不明の方のご無事を願っています。被災地での支援活動や福島原発の復旧作業に努めている方には感銘を受けました。そして応援しています。被災された方々、日本と世界の日常に一日も早く笑顔が戻ってくることを心から願っています。

追記
Twitter (@SCOF75)やFacebookでお世話になっているSmall Circle of Friendsのサツキさんが、ブログに911後に制作した曲を「mountain top」をアップしています(おなじみSoundCloudで!)。日本人が一つになれるように、人の力の可能性に願いを込めた思いが伝わる曲です。

心は一つに。

コメントは
@jaykogami まで
Facebook.com/jaykogami までご連絡ください
関連記事  Blue Note Tokyo 2009 Year-end Party ブルーノート東京 年末イベント
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ