身売り先を模索しているワーナーミュージックの買収オークションに、投資会社のユカイパ(Yucaipa)が最も魅力的な入札額を提示しているとCNBCが伝えています。

ユカイパは入札額として30億ドル強(約2550億円)を提示しており、これはBMG(現在は音楽権利会社)・KKR(投資会社)・ベルテルスマン(メディア会社)によるジョイントベンチャーが提示する28億ドル(約2380億円)を上回る。

またBillboard Bizは、CNBCのニュースと異なる金額を独自の情報源から入手した。Billboardによれば、ユカイパの提示額は27億ドルから33億ドル、BMGの提示額は29億ドルと伝える。


Media_httpimagesfastc_iqwpo
image via fast company 
(右が
ショーン・パーカー、左が映画『ソーシャルネットワーク』でパーカーを演じるジャスティン・ティンバーレイク)

投資家のロン・バークル(Wikipedia参照)率いるユカイパのパートナーには、P2P音楽サービスのナップスター共同創業者であり、初代Facebook社長のショーン・パーカー、投資家のドッグ・テイテルバウムが名を連ねる。最終入札には誰が含まれるかは現在未定だ。

ワーナーミュージックの買収には、コンサートプロモーション会社のLive Nationも興味を示すが、アーティストのマネジメントを手がけるレコード音楽部門のみに入札すると伝えられる。化粧品ブランド『レブロン』の会長を務める、投資家ロナルド・パールマンが率いるMacAndrews & Forbes(レブロンのオーナー会社)も新たに入札への参加を示している。

CNBCによれば、現在ソニーミュージックグループ、Tamares、Guggenheim Partners、Platinum Equity、The Gores Group、Permiraといったグループも4月7日の時点で候補に残っていると伝える。

オークションは本日に実施される。

別のニュースですがワーナーミュージックは、今年2月にシティグループが買収したEMIのレコード部門の買収に関心があると報じられている。

+      +      +

参考までにワーナーミュージック所属アーティストをチェック (その他多数!)

– リンキンパーク
– グリーンデイ
– ブルーノ・マース
– ジョシュ・グローバン

レコード会社も再編が進行中。大物アーティストは大丈夫だと思うけれど、それ以外のアーティストにとってはこの動きについてはどう思うのか、関心があります。ただ、業界の再編が進んでも、ビジネスモデルに変化を生み出さない限り、CDや物理メディアに依存するアーティスト、レコード会社にとっては今後も難しい時期が続くと思います。

オンライン音楽サービスとパートナーを組み、新たなビジネス・課金システムを小規模ながらも進めていくなど、ユーザーの変化に対応していくことが求められるかと。今後への希望として、、、

コメントは
@jaykogami まで
Facebook.com/jaykogami までご連絡ください

ソース
関連記事  Apple、iRadio開始に向け前進、ワーナー出版部門との契約には魅力的な広告収入の10%支払いを提示
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ