Media_httpwwwadweekco_apadk

以前に @capote さんのブログでこのようなエントリーを見ました。

母親層には人気のソーシャルネットワーキング。しかし、他の事を忘れるくらい没頭するくらいの時間を費やしていないでしょうか?

子供のネット利用時間を制限する取り組みは常々実施されますが、近年では母親がFacebookのソーシャルゲームに没頭するあまり、我が子から目を離してしまい死亡させてしまったという不幸な事件が米国では起きています。

母親に対して、Facebookからログオフしてもっと子供と遊ぶ時間を作りましょうというメッセージを発信するサイト「TheLogOff.org」をご紹介です。

「TheLogOff.org」

パートナーである家族向けライフスタイルポータルのMomFilter.com (Facebookページ)にアップされた上の動画では、暇を持て余した子供が、
  • 「Please get off Facebook, and play with me」(お願いだからFacebookからログオフして私と遊んで)
  • 「I’d like to go out, and run around unless you wanna chat with so-called Friends you found」(いわゆる「友人」とチャットしないなら、外に行って走り回りたいよ)
  • 「Tell your long lost buddy from junior high you are logging off Facebook to play with me」(音信不通だった中学の同級生に、今からFacebookをログオフして子供と遊んでくると伝えて)
など口パクで歌いながら母親に訴えかけるます。サイトに行くと「このサイトのアイデアはコンピューターからログオフすること、だから早く出て行って」というメッセージ。

制作したクリエイティブ・エージェンシーのBFG9000は、「インターネットの節度を訴求したい」と説明する。「TheLogOff.com」 はNPOやキャンペーンではありませんが、これからの日常生活では重要な課題ですし、メッセージは継続的にリマインドしていく必要がありますね。母の日(5月8日)の直前にアップされたということも、母親に届けたいという思いを感じました。

Facebookでは女性ユーザー数の数が男性を圧倒しています。ご参考までに2011年の統計の一部です。
Media_httpwwwkenburba_vmcuh

コメントは
@jaykogami まで
Facebook.com/jaykogami までどうぞよろしくお願いします。

ソース
関連記事  Event | スバツイ @シスコ、2009年10月30日
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ