Media_httpcdninquisit_kxbpx

欧州で人気のソーシャルな音楽ストリーミングサービス「Spotify (スポティファイ)」 (@Spotify)が4大音楽レーベルとのライセンス契約を締結し、いよいよ明日から米国でサービスを開始すると、Mashableがレポートしています。

明日(米国時間14日)から、広告なしで音楽聴き放題の「アンリミテッド」プランを月額4.99ドルで、またはモバイルアクセス付きのプレミアムプランを月額9.99ドルで加入することができます。

広告有りで時間制限ありのフリープランは、招待制で数週間内にリリースされると、言われています。

ご参考:Spotifyはこんなサービス

Spotifyは欧州同様、iPhone, Android, シンビアン、Windows Phone、Palmと全てのモバイルプラットフォームで利用可能になります。

数ある音楽サービスの中でも、Spotifyは米国において唯一のフリーでオンデマンドな音楽サービスプロバイダーになります。

Spotifyのチーフ・コンテンツ・オフィサーであるケン・パークス(Kne Parks)氏は、「Spotifyは競合がひしめく購読型音楽サービス市場において、よりよい音楽体験を提供できるでしょう。動作速度はスピーディで、シンプルな操作、ユーザーは簡単に音楽を共有することができます。フリーなサービスであることも重要な付加価値です」と説明します。

Media_httpwwwwireless_dmifb
現在Spotifyは欧州7ヶ国(英国、フィンランド、フランス、オランダ、スウェーデン、ノルウェイ、100万人の有料会員がいます (総ユーザー数は1000万人以上)。先日、公開されたSpotifyの広告パートナー向けマーケティング資料では、Spotifyは米国サービス初年度に500万人のユーザー獲得を狙っていることが分かりました。(やはりモバイルがカギ?)

SpotifyはFacebookと連携してサービス提供するのでは、と言われていますが、パーク氏はコメントを控えています。ですが、SpotifyはすでにFacebookと連携しており、ユーザーは簡単に友人と音楽やプレイリストを共有しあうことが可能になっています。

まずはおめでとうSpotify!(おめでとう ショーン・パーカー!) 新しい音楽サービスのカタチが、iTunesと音楽ダウンロードが支配する音楽大国である米国で実現することは、とてもうれしい。音楽ファンに選択肢が増え、新たな音楽体験が出来ることで、新たな価値が生まれ生活が変わっていく予感がして非常に楽しみです。今後も動向はチェックしていきたいと思います。

コメントは
@jaykogami まで
Facebook.com/jaykogami までどうぞよろしくお願いします。

ソース
関連記事  Apple Musicで金曜日に重大発表。Beats 1のレギュラーDJゼイン・ロウがInstagramでほのめかす
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ