Media_httpblogwebinte_erdhs

Google Musicと呼ばれる音楽ダウンロードサービスを発表するGoogleが、ソニーミュージックとライセンス契約を締結し、4大レコード会社のうち3社と契約に同意したと、ウォールストリートジャーナルが報じています。

Media_httpslackeracti_jadri

音楽業界関係者による情報によれば、GoogleはユニバーサルミュージックEMIに加え、ソニーミュージックともライセンス契約を締結したことが判明しました。ソニーミュージックはAdele、Sade, Foster The People, ケリー・クラークソン、マイケル・ジャクソンなどのカタログを抱えています。

またGoogleは多くのインディアーティストのカタログを抱える大手Merlin Networkともライセンス契約を締結しています。

これによりGoogleとライセンス契約を締結していないレコード会社は、ワーナーミュージックのみとなりました。

もしワーナーが契約に合意しなかった場合、アップルのiTunesやアマゾンといった音楽ダウンロードの巨人に対抗する音楽サービスの出だしに、4大レコード会社が足踏みをそろえずにスタートするという事態になります。

Media_httpwwwcnetcouk_fhuxe

また今回の契約はダウンロードサービスのみとなるので、もしGoogleがSpotifyやRdioと同様の音楽ストリーミングサービスを開始するのであれば、また別のライセンス契約が必要になってきます。

Media_httpbloggadgeth_cmkcx

Googleは11月16日現地時間(17日午前7時、日本時間)からAndroidに関する特別イベントを開催することを発表しています。この発表会でソーシャルネットワーク機能を搭載した音楽ダウンロードサービスを発表すると推測されています。

YouTubeでも中継予定:http://www.youtube.com/user/AndroidHD 

アップルのiTunesに遅れること8年になりますが、個人的にはモバイルとの連携が非常に魅力的なGoogle Musicはいち早く使ってみたいサービスです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントは
@jaykogami まで
Facebook.com/jaykogami までどうぞよろしくお願いします。

ソース
関連記事  米国の音楽ストリーミングサービス「 Rdio 」、元アマゾン幹部を新CEOに任命
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ