Media_httpbloggadgeth_ceaew

11月16日現地時間(17日午前7時、日本時間)からAndroidに関する特別イベントを開催することを発表したGoogle。この場でソーシャルネットワーク機能を搭載した音楽ダウンロードサービスを発表するとメディアは推測しています。

YouTubeでも中継予定:http://www.youtube.com/user/AndroidHD

グーグル、まもなく「Google Music」を発表へ–ソニーやワーナーとはいまだ交渉中 (11/14 CNET Japan)

今回発表される音楽サービスはGoogle+と連携し、ユーザーは購入した楽曲をシェアでき、ソーシャルネットワーク上の友人は友人の楽曲を無償または限定的に聴くことができるようになると、ウォールストリートジャーナルが報道していました

ご参考
グーグル、音楽ダウンロードストアに購入した楽曲を友人とシェアできるソーシャル機能を追加か(10/31)

Googleで音楽サービスを統括している、モバイル担当上席副社長のアンディ・ルービン氏、image via Cnet

Google+との連携は、ますますソーシャルな音楽のつながりが広がる可能性を示す意味で、今回の大きな目玉になると思っていましたが、そんな中、テック系ブログニュースのThe VergeがリークされたGoogle Musicのスクリーンショットをいち早く入手。その中にはなんと「Free Music of the Day」(今日の無料楽曲)の画面が!

また楽曲の値段には、1.29ドルと0.99ドルと2通りの値段が見えます。ユーザー

もしフリーソングが毎日提供されるキャンペーンを行えば、新規ユーザーの獲得には大きく寄与するでしょう。なにせフリー=無料なのですから。その他のダウンロードストアやストリーミングサービスと違って、一銭も支払わずに音楽が自分のモバイル端末で入手できるなんて、合法なサービスでこれまでにあったでしょうか?

ですが、冷静になって考えると、どのアーティストが喜んで自分の楽曲をDL用に無料で提供するでしょうかね??メジャーなアーティストは無理そう。

Googleのフリーソング提供という流れは、8月にローンチした音楽情報サイト「Google Magnifier」で提供している『Song of the Day』に連動します。おそらく同サイトと連携し、フリーソングを音楽ストア上でも提供していくという動きになるのでは?と個人的に予測しています。

Media_httpgetnewsjpim_bmesg

image via ガジェット通信

Media_http7mshcdncomw_ptfcp

Googleは5月にクラウド型デジタルロッカーサービスである「Music Beta by Google」の提供を開始しました。ユーザーが20GBの無料ストレージにアップした音源は、ネット接続されたデバイス間で再生することができます。

いつものことながら、日本では提供はまだ。ただグーグルやアップルはインターナショナル企業なので、いち早く日本に上陸する可能性は高いと思います。

image via PCMag

その時はいち早く使ってみたい!!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントは
@jaykogami まで
Facebook.com/jaykogami までどうぞよろしくお願いします。

ソース
Google Music store screenshots emerge, will include 'Free Song of the Day'? (11/14 The Verge)

関連記事  マイルス・デイビス「Bitches Brew」リリース40周年記念ビール
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ