Media_httphironoelups_jrlib

ユニバーサルミュージック
が英国で始めるアナログレコードの面白い販売方法をご紹介。Billboard biz記事の抄訳です。

Media_httpwwwbbccoukb_ycdzy
image via BBC

ユニバーサルミュージックUK
は元オアシスでビーディ・アイのリアム・ガラガーが展開する自身のファッションブランド『Pretty Green』の店舗で、アナログレコードを販売します。ユニークなのは、多数のアナログを店内でなく店頭のショーウィンドウに飾り、通りかかったファッション好きな音楽ファンは24時間いつでもスマートフォンアプリから購入することができるようにした仮想アナログレコードストアを実施。
Media_httpuploadwikim_gdget
利用者は『Mobile Money Network』の画像・QRコード認識機能付きモバイル決済アプリ「Simply Tap」でアルバムをスキャンしてその場で購入、後日アナログが届けられるという仕組み。プロモーションは6月10日まで行われます。

Media_httpimagesintom_ibbik
image via

ローリングストーンズやザ・フー、ポール・マッカートニーの名作からElbow, ポール・ウェラーの2012年新作など、12作品が購入できます。

イメージはこんな感じ。
ウェールズ、カーディフストア
Media_httpfarm7static_eynlx

ユニバーサルミュージックUKのコマーシャル部門ディレクターのブライアン・ローズ(Brian Rose)氏は、「アナログレコードに対する変わらぬ愛着と新たな関心の高さを, 我々は自社のアナログ専門オンラインストア『Uvinyl』や、盛況なインディー系音楽ストアによる素晴らしいサポートから実感しています。最新のテクノロジーを利用したPretty Greenとのパートナーシップにより、音楽を販売する機会が広がることを期待します」と述べています。

Media_httpwwwuniversa_iicbi
image via

Pretty Greenのブランドディレクターのナイジェル・グラント(Nigel Grant)氏は、「音楽が大きな部分を占めるPretty Greenにとって、ユニバーサルミュージックとSimply Tapとのコラボレーションは私たちのブランド価値に相乗効果を生み出すでしょう」と述べています。

英国レコード産業協会(BPI)によれば、2011年に英国内でのアナログレコード売上は前年比43.7%増の337000枚に上り、これは2005年以来では最高記録となりアナログレコードへの支持が近年高まっていることを示しています。

====
英国も今でもアナログレコード人気が高く、特にコアな音楽好きの存在が人気を後押ししているようです。そしておそらく彼らは音楽以外の文化にも多感的だと考えられます。その一例として実現したのが、今回のコラボ。

ファッションと音楽は、アーティストやPVやプロモ写真などから注目を集めやすいためファンの興味を引きやすく価値観に共感してもらえる可能性が高い組み合わせ。しかもリアルな店舗から広がっていく仕組みは実際の体験を通じてブランドやコンテンツへのロイヤリティを高めることにつながると思えるので、今後も様々な場面で連携が見られそうです。

ユニバーサルミュージックは米国圏でも自社のオンラインアナログレコードストアを展開し、ジェイZやカニエ・ウェストなどの限定レコードを販売しています。

Media_httpwwwchicagot_ncchg

日本でも同様のプロモーションを仕掛けたら、どのような反応が返ってくるか、気になります。例えば、極端ですがユニクロがジャズの名門ブルーノート・レコードのTシャツを販売するなら店頭でジャズレコードもモバイル決済で購入可能にするとか。
Media_httpwwwuniqloco_bqpvy

よくある変なコンピレーションCDしか売ってない状況よりは、音楽好きな人には嬉しいと思います。ブルーノートはユニバーサルが買収したEMI傘下の会社ですが、まああくまでもたとえ話で。

今回モバイル決済アプリを提供するMobile Money Networkというスタートアップは、ビザ・ヨーロッパ(Visa Europe)が投資して15%も所有している企業です。

Media_httpwwwhouyhnhn_bmucz

コメントは
@jaykogami まで
Facebook.com/jaykogami までどうぞよろしくお願いします。

ソース
関連記事  ユーザー数1000万人に到達した音楽ストリーミングサービス、Spotifyのアメリカ進出への長い道のり
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ