マイクロソフトが、新しい音楽サービス「Xbox Music」を10月26日にローンチする模様です。新しい音楽サービスはSpotifyと同じ広告付きの無料音楽ストリーミングサービスが提供される予定で、月額定額のサブスクリプション制 (Zune Music Passと同様)となり、当初はWindows Phone, Windows 8、Xbox 360上で展開します。

Media_httpwwwwinsuper_vjfxk

米メディアのThe Vergeのレポートによれば、マイクロソフトはXbox MusixをWindows 8がリリースされる日と同日に開始する予定であると、複数の情報ソースから確認しています。また、複数のプラットフォームでの展開計画は進めているそうですが、iOS、Android向けアプリは開始日以降にリリース予定だそうです。

またXbox Musicの機能の一つにはマイクロソフトSkyDriveとの連携があり、クラウド上に音楽ファイルやプレイリストを保存し複数の端末からアクセスできるようになるそうです。

記事では、どの市場で展開し、月額プランがどうなるとは書かれていないので、恐らく米国と英国での開始になると推測します。ですので、日本上陸はまだ先になるでしょう。料金プランは、先月リークされたXbox Musicの画像によれば、無料プランは30日のフリートライアル、月額10ドル、年間100ドルのサブスクリプション制プランが用意されています。この辺りの情報お持ちの方がいらっしゃれば、詳細が気になりますので、メッセージいただければ嬉しいです。

現在もソーシャル機能、保存機能、アクセス、モバイルなど、未確認情報が数多くありますので、現状では判断できないサービスです。

サービスの詳細に関しては、過去記事にまとめているので、そちらをご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Twitter, Facebookページもやっています。ご興味があればRSS購読、またはフォローしてください。
* ブログのタイトルを募集中です。

ソース
関連記事  中古MP3販売サービス「ReDigi」が敗訴、音楽ファイルの再販は著作権を侵害と裁判所が判断
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ