英国の人気ロックバンド、コールドプレイが最新ライブDVD『COLDPLAY LIVE 2012』リリースを記念して、世界50ヶ国以上で1日限りのスクリーニングというファンイベントを開催します。アンコール上映は一切行わない、一回限りの映像体験を映画館の大スクリーンと大音響で楽しむというファンにはたまらないイベントです。

Media_httpstaticnmeco_esgkq
image via NME

ライブDVDはバンドの最新アルバム「Mylo Xyloto」(マイロ・ザイロト)の世界ツアーを追った作品で11月19日にリリースされます。ドキュメント映像に加えグラストンベリーなど世界各地のライブ映像が収録されています。

コールドプレイは19日のDVDリリースに合わせて、CDやBlu-rayとセットにしたライブパッケージも発売開始します。(予約受付中)(日本では21日発売、予約受付中

さらにバンドはツアー写真や動画、ボーカルのクリス・マーティンの日記などを収録した、バンドの舞台裏により迫るインタラクティブなeブックアプリ「Mylo Xyloto Live」もiPad向けにリリースします。

Media_httpfbcdnsphoto_oastg

バンドはライブDVDとスクリーニングの情報を、Twitterのハッシュタグ「#Live2012」、またはバンドのFacebookページを通じてアップデートしています。またチケットもバンドサイトから直接購入できるようになっています。

すでに大勢のコールドプレイファンがハッシュタグ#Live2012を付けてRTやコメントを投稿しています。「チケット購入した」、「13日が待ち遠しい」などファンのバンドへの思いがSNS上に顕在化し、イベントへの期待が醸成されています。

13日のスクリーニングは地元英国はもちろん、米国や南米、中東、アジアでも開催が決定しています。Xylobandsで光り輝くスタジアムの中で演奏するコールドプレイの映像は記憶に残る音楽体験に違いない。

Media_httpstaticnmeco_heigf
image via NME
日本でも11月13日に全国32カ所の映画館での上映が決定。詳細はEMI Japanさんのウェブでご覧いただけます。

でも残念なことは、日本のEMI JapanのTwitter(@EMI_JP_INTL)では、ハッシュタグ(#Live2012)やパッケージの多様さを確認していないのか、ただありきたりの情報を流すだけにとどまっています。

もし配信する情報から、もっとコールドプレイのファンに届けファンに楽しんでもらいたいと思うのであれば、Twitterユーザーにもハッシュタグの利用を奨励し、常時情報を配信し続けてもよいのではないでしょうか?なぜなら、多くのファンにとっては、13日のスクリーニングは世界で一日だけコールドプレイのイベントに参加できる千歳一隅のチャンスだからです。このツアーでコールドプレイは日本に来日していないので、ファンにとって初めて見るライブであり、中には、この機会でバンドに関心を持ち、よりコアファンになる人も現れるかもしれないし、ファン同士のつながりが生まれる機会につながるかもしれない。

ソーシャルメディアを使った情報を共有することで、ファン同士のつながりを生みだし、ファンは13日のスクリーニングまで高い期待と熱気を持って思いを共有していきます。また13日の開催日や上映中は特にこの思いが最骨頂に到達する時です。この時間帯にファンそれぞれの思いがソーシャルメディア(ここではTwitterのハッシュタグ)を通じて短時間で爆発的にシェアされ広がっていく。その投稿は参加者や不参加者の間だけでなく、友人知人にまで拡散していきます。その結果それを見た人がバンドへ興味を抱く可能性へとつながり、音楽コンテンツの消費へとつながる可能性をつくります。Twitterの広告「Promoted Tweets」を13日当日に使って、エンゲージメントを高めることだってできる。

この部分は友人のブロガー高野修平君著書「音楽の明日を鳴らす ~ソーシャルメディアが灯す音楽ビジネスマーケティング新時代~や彼のブログを参照して頂けるますと、消費者がどのような行動をソーシャルメディア上で取るのかが分かるので、是非ご覧ください。

1度限りというまたとない音楽体験の機会は、リアルとソーシャルをつなぎ思いを増幅し、ファンがバンドを深堀りできる大きな機会だと感じます。今回はコールドプレイの映像コンテンツという切り口をソーシャルメディアと組み合わせることで、ファンをつなげ共感を広げ、そして音楽コンテンツの価値を高められる可能性があると思います。また世界イベントでもあることを考えると、ソーシャルからどのようにグローバルで拡がりを見せるか、大きな可能性が考えられます。この部分の可能性は今後も注目していきたいし、企業やミュージシャンの方のお手伝いもしていきたいと思ってます。ですので、13日のスクリーニングまでの施策にはこれからも期待しています。

======
<劇場上映情報>
上映日:2012年11月13日 1夜限定上映
日本上映劇場:(上映時間は各劇場HPでご確認下さい)
北海道)札幌シネマフロンティア
東北)MOVIX仙台
関東)TOHOシネマズ 六本木、TOHOシネマズ 渋谷、新宿ピカデリー、池袋HUMAX、TOHOシネマズ 西新井、TOHOシネマズ 府中、TOHOシネマズ ららぽーと横浜、TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ、TOHOシネマズ流山おおたかの森、TOHOシネマズ 川崎、TOHOシネマズ 海老名、TOHOシネマズ 上大岡、TOHOシネマズ 宇都宮、MOVIXさいたま、MOVIX伊勢崎
中部)TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ、TOHOシネマズ 木曽川、 TOHOシネマズ浜松、TOHOシネマズ ファボーレ富山
関西)TOHOシネマズ 梅田、TOHOシネマズ なんば、TOHOシネマズ 二条、TOHOシネマズ西宮OS
中四国)TOHOシネマズ 岡南、TOHOシネマズ 緑井
九州)TOHOシネマズ 天神、TOHOシネマズ 長崎、TOHOシネマズ 光の森、TOHOシネマズ 大分わさだ、天文館シネマパラダイス
チケット情報:
一律2,000円 11/1(木)より各劇場窓口とインターネットチケット販売システムで発売開始
======

最後に。以前に下のブログ記事を書いた時に思い今回も感じたことは、コールドプレイというバンドのファンの巻き込み方の巧みさには、いつも勉強させられます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Twitter, Facebookページもやっています。ご興味があればRSS購読、またはフォローしてください。
* ブログのタイトルを募集中です。

ソース
関連記事  音楽ストリーミングサービスSpotify、モバイルでの無料聴き放題をレコード会社と交渉へ
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ