フランス発の音楽ストリーミングサービス『Deezer』が、中東、アジア、アフリカ、ブラジルへ新たに進出しました。新たに韓国、台湾、UAEなど22ヶ国で新たにサービスを開始し、Deezerが利用可能な地域は世界182ヶ国に拡大しました。文字通り世界最大規模の音楽ストリーミングサービスへスケールアップしてきました。

Deezerがサービスを開始したのか以下の22ヶ国です。

【アジア】
香港、パキスタン、フィリピン、韓国、台湾

【中東】
バーレーン、イラク、ヨルダン、クウェート、レバノン、オマーン、カタール、サウジアラビア、UAE、イエメン

【アフリカ】
モロッコ、アルジェリア、エジプト、南アフリカ、チュニジア、

【南米】
ブラジル、ベネズエラ

Deezerは2000万曲以上をPC、スマートフォン、タブレット、デジタル家電にストリーミング配信する音楽サービスです。Deezerはこの2年の間に、世界200ヶ国でストリーミングサービス提供を目指すと、Deezer CEOのアクセル・ドーシェ (Axel Dauchez)は同社の戦略を事あるごとに説明してきました。今回の市場拡大でDeezerの戦略はまた一歩ゴールに近づいたことになります。

Media_httpi1newssoftp_beejf

Deezerユーザーは無料視聴から広告を外したい場合や無制限に聴きたい場合は、有料プランへアップグレードできます。(下記は英国プランを参照、各国で異なる)
Deezer Premium」:月額  4.99€、広告無し、無制限聴き放題
Deezer Premium Plus」: 月額9.99€、モバイルからのアクセス、IPTV、オフラインモード利用可能
Deezerは世界182ヶ国でユーザー数2600万人を獲得し、有料会員数は300万人に増加しています。Spotifyは昨年末、17ヶ国でユーザー数2000万人、有料会員数は500万人と発表しています。

Deezerはまたサンパウロ市に南米の拠点を設立しました。ブラジルにはすでにRdioやSenzariがありますが、地域全体での先発者の優位性を生かしてこの新興市場を制覇しようという思いが感じられます。

この次は日本、米国でしょうかね? 時期はいつ頃になるでしょう?

Twitter, Facebookページもやっています。ご興味があればRSS購読、またはフォロー宜しくお願い致します。
* ブログのタイトルを募集中です。

ソース
関連記事  欧米で人気の会員制音楽ストリーミングSpotifyが米国の無料会員の制限を排除
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ