Media_httpfarm3static_iboyp

 

スウェーデンの音楽業界団体「GLF」(英語ではSwedish Recording Industry Association)が発表した同国の 2012年の音楽売上によれば、デジタル音楽がフィジカルを抜いて市場の50%以上を占めるメインストリームな収益源となりました。

 

スウェーデンの音楽売上は9億4300万クローネ(約1億4480万ドル)となり2011年から13.8%の成長を遂げました。そのうちデジタル音楽が占める売上は全体の64%を占め、2011年から12%アップするという(2011年はシェア51%)、デジタル音楽は驚異的な成長を見せました。

デジタル音楽の売上の90%はSpotifyなどサブスクリプション型音楽ストリーミングサービスからで、2011年の82%から8%上がってさらにシェアを拡大しました。音楽ストリーミングサービスの売上は5億4200万クローネ(約8350万ドル)で、2011年から55.4%と大きな伸びでした。

スウェーデンは地元のサービスであるSpotifyのほかに、Rdio、Deezer、WiMP、Music Unlimited、Xbox Music、Rara.comのサブスクリプション型音楽サービスが存在します。

 

CDの売上は14%減少し3億2800万クローネ(約5050万ドル)と下がる一方ですが、Spotifyなど定額制音楽サービスの伸びが損失をカバーしています。スウェーデンは音楽ストリーミングサービスが全体の売上減少を逆転するトレンドを昨年に示した、世界初 の音楽マーケットです。

一方、デジタルダウンロードは音楽ストリーミングサービスの成長を受けて、2011年から24%ダウンし5700万クローネ(約880万ドル)と大きく減少しました。
Sweden  Record sales rise again in 2012   Music Week
*単位は1000

 

2012年の売上9億4300万クローネ(約1億4480万ドル)のうち、アルバムは全体の売上35%を占めています。またアナログレコードも顕著には伸びて59%成長を示しましたが、全体の売上ではわずか1.4%でした。

 

レコード会社やパブリッシャーの人達は無料でも聴ける音楽ストリーミングサービスがCDの売上を減少させてしまう「カニバリゼーション」を危惧してきましたが、スウェーデンのケースでは全く逆で、ストリーミングサービスの売上がなければ音楽ビジネス自体も成立しないというほど、デジタルが存在感を示しています。これではむしろCDの存在自体が邪魔になってきますね。

 

 スウェーデンで今後考えられるのは、iTunesなどデジタルダウンロード陣営の戦略です。なぜならストリーミングサービスがデジタルダウンロードをカニバライズし始めているからで、アップルなどダウンロードサービスしか持たない企業は今後どうやってMP3を売って行くのでしょうね?大変気になります。もしかしたら、数年後にはスウェーデンではMP3自体も古いフォーマットになっているのかもしれませんよ。

 

関連記事  Kickstarterの音楽プロジェクトだけを取り上げ解説してくれる、まとめサイト『Launch & Release』
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ