Media_httpuploadwikim_gaazh

調査会社ニールセンの音楽データ集計サービスSoundScan Canadaによれば、2012年度のカナダ音楽市場はデジタル音楽が大きく伸びた一方、フィジカルのCD売上は引き続き減少している傾向にあることがわかりました。

カナダでは2012年にデジタルアルバムが1050万枚ダウンロードされ、昨年比26%の増加となりました。この数字はアルバム販売総数では34%となり2011年の26%からまた拡大しています。

一方で、フィジカルのアルバム売上は昨年比12%減の2060万枚に下がりました。フィジカル・デジタルを合わせた昨年のアルバム販売枚数は全体で昨年の3190万枚から2%減少し3130万枚になりました。

またCDストア (実店舗)でのアルバム販売は36%で、2011年の42%から減少しています。

最も売れたアルバムはアデルの「21」で45万枚となり、地元カナダのジャスティン・ビーバーやセリーヌ・ディオンらを上回る人気を示しています。

2012年最も売れたアルバム 
  1. アデル「21」:450000
  2. テイラー・スウィフト「Red」:240000
  3. ワン・ダイレクション「Up All Night」:234000
  4. マムフォード・アンド・サンズ「Babel」:212000
  5. セリーヌ・ディオン「Sans Attendre」:209000
  6. ワン・ダイレクション「Take Me Home」:184000
  7. ジャスティン・ビーバー「Believe」:179000
  8. VA「Star Academie 2012」:156000
  9. ロッド・スチュワート「Merry Christmas Baby」:135000
  10. レナード・コーエン「Old Ideas」:132000

最も売れたデジタルアルバム 
  1. マムフォード・アンド・サンズ「Babel」:100000
  2. アデル「21」:96000
  3. ワン・ダイレクション「Up All Night」:68000
  4. タイラー・スウィフト「Red」:65000
  5. Of Monsters & Men「My Head Is An Animal」:57000
 デジタルダウンロードは初めて1億曲を突破し1億1430万曲となり、こちらも昨年比21%の伸びを記録しました。

最もダウンロードされたトラックは、ゴティエの「Somebody That I Used To Know」で、次にカーリー・レイ・ジェプセンの「Call Me Maybe」、Fun.の「We Are Young」、PSYの「Gangnam Style」となりました。

人口がわずか3400万人弱のカナダ人はシングルを1億回以上もダウンロードしています。反対に世界第2位の音楽市場である日本では、昨年1月から9月にデジタルトラックはわずか4985万回しかダウンロードされていません。二桁の成長を遂げたデジタルダウンロードは日本と比べて小規模な音楽市場としては驚異的な数字です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Twitter, Facebookページもやっています。ご興味があればRSS購読、またはフォロー宜しくお願い致します。
* ブログのタイトルを募集中です。

ソース
Adele, Carly Rae Jepsen, Celine Dion Rule Nielsen/Billboard 2012 Canadian Music Industry Report(1/14 Huffington Post)
関連記事  ソーシャルな音楽共有サービスのSoundCloudが登録ユーザー数500万人を突破、アシュトン・カッチャーから出資を受ける
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ