Amazon_cloud_player_for_ford

Amazonは自動車メーカーのフォードと協力し、ダウンロード購入したMP3を複数のデバイスで聴けるクラウド型音楽ロッカーサービス「Amazon Cloud Player」をフォードの車載プラットフォーム「Ford Sync Applink」と連携させました。

Sync Applinkを搭載したフォードのFiesta, Mustang, Focus, E-Series, C-MAX Hybrid, Expedition, Fusion, F-150, Super Dutyといったモデルの車内から、Amazon MP3アプリをSync Applinkに接続してAmazonのクラウドへアクセスし、保存している音楽ファイルを音声コントロールで制御することができるようになりました。またドライバーはスマホに保存している音楽も再生できるそうです。全ての音楽ファイルは256kbpsの高音質で再生されます。

Media_httpgecximagesa_wcwbr

MP3カタログを2200万曲に拡大したAmazonは(iTunesは2600万曲)今年に入って、CDを購入すると自動でクラウドに購入曲の音楽ファイルを保存する新サービス「Amazon AutoRip」を米国で開始し、デジタル音楽分野での新しい取り組みを次々と発表してきました。今回のフォードとの提携も、一般消費者がデジタル音楽サービスをあらゆる場所で使い音楽を楽しめる仕組み作りの一貫と考えられます。

Media_httpgecximagesa_xbhha

Amazon Cloud Playerは、スマホやPC、Kindle Fire, SonosやサムスンのスマートTVでも利用が可能です。 そしてなによりAmazon Cloud Playerは日本でも利用ができます。

Sync_sync_app_link_features_ford
Ford Sync Applinkでは現在すでにPandora RadioやMOGなど音楽サービスが利用可能ですが、その多くは米国限定サービスが多くなっています。しかしこの車載システムの進化はドライバーは選択肢が多く運転もパーソナライズド化してきていますね。アプリを車内でシンクさせるというアイデアも斬新です。

Amazon Cloud Playerがあれば、車で聴いていたCDも全てクラウドにアップしてお気に入りが再生できるなんてこともできますね。これはPandora Radioにはできない楽しみ方。もしかしたら日本人にも向いているサービスかもしれません。

自動車についての過去記事です。ご興味があれば是非どうぞ。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
Twitter, Facebookページもやっています。ご興味があればRSS購読、またはフォロー宜しくお願い致します。
* ブログのタイトルを募集中です。

ソース

 

関連記事  【速報】定額制音楽ストリーミングサービスSpotify、ユーザー数4000万人有料会員数1000万人突破を発表!
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事の転載、配信または寄稿や講演などお仕事のご質問は「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからお願いします。購読、フォローも宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ