Facebookはイベントサイト内で新しい「Buy Tickets」ボタンをテストしているようです。

イベントページにはこのようなボタンが。レポートによれば、このボタンを押すとサードパーティのチケット販売サイトへ誘導されるとのこと。従ってFacebookがチケット販売に着手したわけではありません。またこの「Buy Tickets」ボタンは現在はイスラエルとオランダのイベントでしか動作していない模様。

もし「Buy Tickets」ボタンが本格的に導入されれば、イベントに参加表明をした友人の投稿や共有にもこのボタンが反映される可能性が高いです。チケット販売サイトを探す手間無く、投稿を見た人はチケット購入サイトへと飛べる仕組みは、コンサートやイベント参加のハードルを一段階下げてくれると思います。

確実に言えることは、Facebookはチケット販売会社とプラットフォーム上での連携を強化する計画を進めているということ。この仕組みが波及すれば、「購入する」や「ギフトを送る」ボタンに置き換えてサードパーティとの連携を強化することも考えられます。ただチケット販売は、個人が中心で行う買い物と違い、友人知人の影響が大きく反映され参加へと流れていく行動だと思います。友人が参加するイベントには自然と興味も高まることから、チケット購入まで一括してできたら、参加する側は楽になるのではないでしょうか?

image via The Next Web

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Twitter, Facebookページもやっています。ご興味があればRSS購読、またはフォロー宜しくお願い致します。
* ブログのタイトルを募集中です。

ソース

関連記事  ユーザー数1000万人に到達した音楽ストリーミングサービス、Spotifyのアメリカ進出への長い道のり
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ