スマホで人気の音楽情報検索タグ付けサービス『Shazam』は、世界最大のDJ向けオンライン音楽ストア「Beatport」と提携し、ダンストラックのタグ付けが簡単にできるようにします。

Media_httpzumiccomwpc_tftcu

発表された提携によりShazamは、Beatportの約150万曲以上を超える全カタログ情報にアクセスすることが可能になりました。これでShazamに登録されている音楽データベースは約2500万曲を超えます。

Media_httpwwwdigitald_yfaij

ユーザー数2億7500万人を超えるShazamと毎週2万曲の新曲を追加するBeatportとの連携によって、ユーザーはEDMフェスやクラブで聴いた音源にスマホをかざすだけで楽曲情報を取得できタグ付けすることができます。最近のEDMブームでダンス・ミュージックやクラブシーンが注目されている中、好きな音楽情報の取得がより一層簡単になり、友人同士の情報交換など音楽を通じたコミュニケーションも活性化することも予想されます。

Media_httpcdn0mostech_ffxrs

ShazamとBeatportの連携は、テクノロジーと音楽による最高の組み合わせだと思います。これまで音楽ファンはクラブでプレイされた曲情報を知りたい場合、「その曲についてネットで探しまくる(YouTubeで数えきれないほどの再生)」か「DJに聞く」くらいしかありませんでした。ShazamでBeatportの楽曲情報が容易に取得できるようになると、音楽を見つける方法が変わります。ShazamユーザーでEDMファンにとっては好きなDJの曲情報が圧倒的に簡単になりDJと同じセットリストを組むなんてことも可能になることで、音楽と出会う機会と接する時間、関与度が増えることが期待できます。また、Beatportが販売する2万以上の小さなEDMレーベルやアンダーグラウンドのEDMプロデューサー、DJにとっても、世界最大の音楽情報検索アプリと提携することで、多くのユーザーや将来のファンに音楽を見つけてもらう機会が生まれました。

Shazamアプリは、iPhone, Android, Windows Phoneの他にもAmazon Appでも利用が可能です。

Shazamの音楽コンテンツ担当ディレクターのウィル・ミルズ(Will MIlls)によれば、世界中のユーザーによって昨年最もタグ付けされた楽曲トップ100のうち、31曲はダンス・トラックで、このことからも世界中でEDMへの認知と接触が音楽ファンの間で広がっていることが伺えます。

Shazamの関連記事です。ご興味があれば是非どうぞ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Twitter, Facebookページもやっています。ご興味があればRSS購読、またはフォロー宜しくお願い致します。
* ブログのタイトルを募集中です。

ソース

関連記事  グーグルが取り下げた音楽ストリーミングサービス、Spotifyの買収計画、吉か凶か?
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ