Media_httpcdnthenextw_xhbal
image via TNW

あまり騒がれていないようですが結構重要かもしれない、、、

Amazonが音楽やアプリ、電子書籍などデジタルコンテンツを再販売できる仮想マーケットプレイスについての特許を取得しました。

しかしAmazonが現行の著作権法をどのようにクリアして合法なビジネスを展開するのか、については全くわかっていません。

特許は2009年に申請され、2013年1月29日に取得しました。この特許が示すデジタルコンテンツには、電子書籍、音楽、動画、アプリなどが含まれ、それらへのアクセス方法も「移動」、「ストリーミング」「ダウンロード」など様々な形式が想定されます。また書類では移動の回数や容量、料金についても触れています。

Amazonが取得した特許の詳細は、こちらでご覧いただけます。

Redigi

すでに「ReDigi」という音楽スタートアップは、米国の著作権法に則り、デジタルコンテンツの再販売サービスを手がけています。しかし、EMIはデジタルコンテンツはフィジカルなファイルと同じように再販売はできないとしてReDigiを訴えています。今後ReDigiの判決次第で、Amazonのマーケットプレイスの展開も決まってくると思われます。

Amazonの特許に基づいたマーケットプレイスは、著作権法のどの範囲までをカバーしているのかにもよりますが、コンテンツの売買だけでなく、中古デジタルコンテンツへのアクセス方法や保存方法に対するアプローチや考え方も従来のコマースサイトとは全く変わってくると思われます。音楽だけでなく映像、電子書籍などデジタルコンテンツが溢れると、二次利用は大きなビジネスチャンスになりそうです。その為には法律や業界が変わって行かないと大きな機会を逃してしまうことになるのではないでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Twitter, Facebookページもやっています。ご興味があればRSS購読、またはフォロー宜しくお願い致します。
* ブログのタイトルを募集中です。

ソース
Amazon wins broad patent to create marketplace for used digital content (2/4 Paid Content)

関連記事  ニール・ヤングがPonoMusicの現状を報告、ハイレゾ60万曲以上をオンラインストアで準備。「アナログで聴いている感じがする」
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ