Deezer_is_bringing_its_streami

海外の音楽サービスは、すでに一歩先を走っているようです。

フランス発の定額制聴き放題の音楽ストリーミングサービス「Deezerが、サムスンLG東芝とスマートTVでパートナー契約を締結し、テレビ上からDeezerの2000万曲以上を楽しむことが出来るようになります。

Media_httpwwwblogcdnc_mboto

DeezerのスマートTVバージョンはテレビ用にUIも最適化されて、会員別にパーソナライズド化されたアカウントにテレビからアクセスができます。有料会員は楽曲やプレイリストを含むコンテンツに無制限でアクセスができます。一方、無料会員は30秒のオーディオクリップが視聴出来るほか、アーティスト・ラジオを制限なく楽しむことが可能になります。
こちらはDeezerとLGのテレビのプロモ動画

Deezerによれば、世界180ヶ国に展開する同社のサービスは300万人の有料会員を抱え、ユーザーは毎月平均60時間の音楽を視聴しているとのこと。

Deezerと競合するSpotifyは、Deezerと比べサービス規模が20ヶ国に限られますが、米国ではすでに大きくリードしており、テレビ分野でもサムスンとTiVoと配信で契約しています。

音楽ストリーミングサービスにとって、スマートTVやデジタル家電などリビングへの進出は、アーリーアダプターやPCがメインだったユーザー層からより一般のカジュアルなリスナーへ音楽サービスを訴求できる大きなビジネス機会です。一方ハードウェアメーカーにとっても、スマートTVに最も重要なコンテンツを音楽サービス側との連携で補完できるというメリットがあります。さらにユーザーにとっても、PCやスマホだけでなくテレビでも自分のアカウントに記録した音楽が聴けるようになると、場所を選ばず好きな音楽をいつでも聴ける環境ができあがるという、メリットが生まれます。

音楽サービス、ハードウェアメーカー、ユーザーがお互いにメリットを生かせるエコシステムをベースにして、今後さらに音楽サービスの一般ユーザーへの普及が拡大すると予想しています。

Deezerは、サムスンの2011年以降のスマートTV、LGの2011年以降のスマートTV、東芝の2011年以降のスマートTVおよび2013年に生産されるスマートTVで利用が可能になります。
サムスンのテレビはヨーロッパ、LGのテレビは世界各国、東芝の2011年モデルはヨーロッパ、中東・アフリカ、アジア太平洋地域、2013年モデルは世界各国からアクセスが可能です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Twitter, Facebookページもやっています。ご興味があればRSS購読、またはフォロー宜しくお願い致します。
* ブログのタイトルを募集中です。

ソース
関連記事  米ネットラジオPandora、モバイルアプリの時間制限を解除し音楽聴き放題を再開、iTunes Radio対抗への準備か?
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ