米国最大ユーザー数を誇るネットラジオ「Pandora Radio」の社長兼CEOジョー・ケネディ(Joe KennedyがPandoraの職を辞任すると発表しました。ケネディは約10年在籍したPandoraを離れることとなり、後任が決定するまで現職を務めます。

via Business Insider

Pandora Announces Beginning of Leadership Transition Process(発表資料)

ケネディの辞職はPandoraの第4四半期決算の報告中にケネディ自身から発表されました。ケネディは同社のリリースで、「10年目を迎えるに辺り、私はこのチームとラジオを再定義してきた功績を誇りに思います。後任を探す時期が来たことを取締役に申し出ました。とてつもなく大きなビジネス機会がこれから先に待ちうけており、今後も素晴らしいPandoraの皆さんと共にビジネスを前進させていくことを楽しみにしています」とコメントしています。

ケネディは2004年7月からCEO兼社長を務め、在籍期間中の最大の功績はPandoraを月間アクティブユーザー数6700万人の巨大ネットラジオに育てたことと、同社をIPOさせたことです。

Pandoraがケネディの後任を決定しないまま、今回の発表に至ったことから、今回の辞任が同社や取締役にとっても突然の出来事だったことが予想されます。

Pandoraが発表した第4四半期の収益は、過去最高の12510万ドル、2012年度は4億2710万ドルを達成しました。しかし1株あたり9セントの損失、年間では1株あたり23セントの損失を計上し、損失額は以前よりも大きくなりました。

モバイルからの収益が好調で、今後に向けて明るい見通しとなりましたが、ウォール・ストリートや株主には改善しない損失の方が重要で、おそらく改善しない現状がケネディが辞任を決めた理由の一つではないでしょうか?

Pandora Mediaは2011年6月にIPOを行いましたが、株式公開後10期中わずか2期しか利益を計上できていません。

なおケネディが辞任を発表した同日にPandoraの株式は20%アップしています。。。

Appleもネットラジオ事業に参入すると言われていますが、業績を上げながらビッグネームと競わなければならない今後のPandoraのCEOが務められる人物は一体誰なのでしょうか?後任探しが気になって来ました。

Pandoraについての過去記事です。ご興味があれば是非どうぞ。

米国最大のネットラジオ「Pandora Radio」、高額なロイヤリティ支払いのためモバイル向けの聴き放題を止めて毎月40時間の上限を設定 (2/28)
米国最大のネットラジオPanroda Radioの2012年を振り返る、年間視聴は130億時間以上に拡大 (2/7)
米国最大のインターネットラジオPandora、大手自動車メーカーのクライスラーと提携し車載システムで音楽を提供(1/10)
米国最大のオンラインラジオPandora Radio、アーティストへの楽曲使用料を明かす、ドレイクへは年間300万ドルを支払う (10/22)


ソース
Pandora CEO announces resignation following record revenue and losses (3/8 The Verge)

 

関連記事  「5人に一人はモバイルで音楽を聴く」。アメリカ人リスナーの傾向が最新調査で明らかに
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ