Media_httpicdn6digita_dnawz

 

Twitterは、昨年買収した音楽発見サービス「We Are Hunted」をベースに、独自の音楽アプリを提供することが分かりました。

 

Media_httpasset1cbsis_woqzk

 

CNETによれば、Twitterの音楽アプリは「Twitter Music」と呼ばれ、最速で今月中にiOSアプリが提供開始されると情報ソースは語っています。「Twitter Music」はフォローするアカウントによってパーソナライズされたアーティストや楽曲のレコメンデーションを提供してくれるサービスです。レコメンドされる楽曲はSoundCloudで再生されます。

 

「Twitter Music」アプリには、「Suggested」、「#NowPlaying」、「Popular」、「Emerging」の4つのタブがあり、すでにWe Are Huntedの従業員がアプリをテストしており、いくつかのTweetでsoundcloudで流れる音楽が聴くことができます。

Twitterのサービス「Twitter Music」は無料の音楽発見サービスWe Are Huntedのテクノロジーをベースに構築されます。We Are Huntedは継続してサービスの提供を行います。We Are Huntedはソーシャル・オンライン上で口コミされる音楽情報をレコメンドするサービスです。またこれまでiPhoneアプリ「SuperSonic」やiPadアプリ「Music Hunter」などモバイル向けのサービスも提供しています。

 

さらにSpotifyのSpotify音楽アプリの最初のパートナーの1社で、早い次期からウェブ音楽アプリも展開してきました。TwitterもWe Are Huntedもコメントしていませんが、情報ソースによればTwitterはWe Are Huntedを過去6ヶ月以内に買収していたとのことです。
関連記事  音楽業界はどのくらいグリーンなのか? 環境への影響を表現したインフォグラフィック
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(Jay Kogami)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事の転載、配信または寄稿や講演などお仕事のご質問は「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからお願いします。購読、フォローも宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ