Media_httpfarm4static_dquhq

3大レコード会社のひとつ、ワーナーミュージック・グループはGoogleと今年ローンチ予定のサブスクリプション型音楽サービスのライセンス契約で合意しました。契約は2つのサービスが含まれ、一つは「Google Play」でのライセンス、もう一つはYouTubeでのライセンスになります。

Googleの将来の音楽サービスでの契約では、ワーナーミュージックが最初のパートナーになります。Googleはまたユニバーサルミュージック、ソニーミュージックやその他のレーベルとの交渉を進め、同様のライセンス契約を結ぼうとしています。

Googleは、SpotifyやDeezer、Rhapsody、Slacker、Rdio、Music Unlimitedなど多くの音楽ストリーミングサービスが既に展開される音楽マーケットに本格的に進出します。Googleは後発となりますが、「YouTube」と 「Android」という2つの巨大なプラットフォームが彼らのサービスの中心になります。

AndroidのGoogle Playは、iTunesと同様に音楽ダウンロードとクラウドに保存できるデジタルロッカーサービスを展開しています。Google Playでのサブスクリプション型音楽サービスでは、Googleがライセンスする楽曲がGoogle Play経由で視聴可能になる予定です。

YouTubeのサブスクリプション型音楽サービスでは、広告無しの視聴などが提供される予定です。

ワーナーミュージックが一番先にGoogleと契約したことは面白いですね。ワーナーはGoogleとGoogle Playで一番最後に契約したレコード会社でした。今回新たにYouTubeがサービスに追加されたことが、ワーナーやその他のレコード会社がGoogleと契約する大きな判断材料になっているのかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Twitter, Facebookページもやっています。ご興味があればRSS購読、またはフォロー宜しくお願い致します。
* ブログのタイトルを募集中です。

ソース

関連記事  ソーシャルゲーム時代を駆け抜ける Zynga ってどんな企業?をまとめてみました
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ