Media_httpdawncompkfi_xzvns

AppleCEOティム・クック(TIm Cook)高級ヘッドフォンメーカーBeats Electronicsの共同創業者で音楽プロデューサーのジミー・アイオヴィン(Jimmy Iovine)が2月末に会い、Beatsが今夏にローンチ予定の定額制音楽ストリーミングサービス「Project Daisy」について話し合ったことが明らかになりました。

情報を伝えたロイターによれば、クックCEOはロスを訪れた際にアイオヴィンを訪ね、Project Daisyのビジネスモデルやローンチ時期について尋ねたと情報ソースが伝えています。この会合ではパートナーシップなど特別な提携などに関する話し合いは行われなかったそうです。
http://beatsbydre.com
https://www.facebook.com/beatsbydre
https://twitter.com/#!/beatsbydre
http://www.youtube.com/Officialbeatsbydrdre

Appleは長くiTunesのダウンロードサービスの次の音楽サービスをローンチすると噂されています。ですがPandoraのような「オンラインラジオ」なのか、Spotifyのような「音楽ストリーミングサービス」なのか、ビジネスモデルやローンチ時期は全く明らかになっていません。

Media_httpwwwbillboar_jhjqc
image via Billboard

右がJimmy Lovine、左がDr. Dre。

元U2のプロデューサーで、Beats創業者やインタースコープ-ゲフィン-A&M (Interscope-Geffen-A&M)レコード会長など様々な顔を持つアイオヴィンは、Appleの音楽ビジネスの当初からの理解者で、2001年にはいち早くiTunesでの配信にライセンス契約した経営者の一人。故スティーブ・ジョブズにサブスクリプション型音楽サービスを提案するほどの仲でした。


image via Hollywood Reporter

BeatsはスマホメーカーのHTCと資本関係にあるため、実現は難しいと思いますが、若者を中心に圧倒的な人気を誇り高級ヘッドフォン市場(300ドル以上)で70%以上、ヘッドフォン市場で40%を占めるBeats by Dr. DreブランドとAppleが提携して音楽サービスを始めることがあれば、音楽の聴き方やライフスタイルを変えてしまうほどのインパクトを提供出来、その結果音楽サービスの普及につながると感じます。ヘッドフォンとスマホと日常的なアイテムに音楽が価値を付けてくれるなら、音楽体験や音楽を聴く楽しみを広げていけるに違いない。

関連記事  ビルボード、ソーシャルメディアで人気のミュージシャンを測定しランク付けした「Social 50」チャートを開始
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ