Media_httpsxswcomsite_jfiba

3月8日から17日までテキサス州オースティンで開催されるインタラクティブと音楽の第フェスティバル「SXSW (サウス・バイ・サウスウェスト)」。SXSW期間中に開催される「
Music Accelerator」イベントは、音楽テクノロジーのスタートアップが新しいサービスのプレゼンや製品デモを行い、審査員や業界関係者、イベント参加者の前で最も新しく未来的なアイデアを競うコンペです。
Media_httpsxswcomsite_fzkuq

2012年のMusic Acceleratorは、フィンランドのiPadアプリ・スタートアップ「Ovelinが優勝し、音楽共有iPhoneアプリの「Rexlyと、クラウドソース型のアーティスト・ライブ動画制作サービス「45 Soundがファイナルに残りました。RexlyはSXSWから3ヶ月後にライブ・ネイションによって買収されました。

今年の第5回「SXSW Music Accelerator」コンペティションには500以上のエントリーがあり、その中から厳選されたわずか8社がこれからの音楽テクノロジーとビジネスモデルを発表します。Music Acceleratorはユニークなサービスや業界には存在しない製品をひと目見ることが出来る貴重なイベントです。

3月13日にはAustin Convention Centerで8社のプレゼン、午後に上位3社によるプレゼン、その日の夜には優勝スタートアップが決まります。「Music」バッジ、「Platinum」バッジを持っている人なら誰でもイベントを見に行くことが出来るので、現地で興味のある人は是非参加してみてください。

ここではMusic Acceleratorに参加するファイナリスト8社と、オルタナティブの3社をご紹介します。

ファイナリスト

Music Technologies

AudioCommon (米国ケンブリッジ)

Audiocommon
AudioCommonは、複数のアーティストや制作者がネット上で音楽を共創できるウェブベースのプラットフォーム。

BioBeats(米国バークレー)
「BioBeats」は心臓の脈拍をスマホのカメラで計測し、マッチする音楽をレコメンドしてくれるアプリ。

CrowdSync(サンフランシスコ)

Crowdsync

「CrowdSync」はユーザーがネットに投稿した動画を簡単にエディットしたり共有できるモバイルアプリ。

Molecule Synth(米国ポートランド)

Molecule Synthはシンセサイザーと電子部品でデザインされたカスタマイズ可能なモジュラー・シンセ。音楽や用途に合わせてユーザーは部品をレゴのように組み替えて新しいシンセが作れる。

ROLI(英国ロンドン)
ROLIは、デザイン・テクノロジー企業。SXSWで、ソフトウェアとハードウェアが連携した音楽インターフェースがベースの製品を発表します。

TastemakerX(サンフランシスコ)

Tastemakerx_-_the_social_game_
TastemakerXは音楽発見のソーシャルゲーム・プラットフォーム。iOS向けのモバイルアプリとして展開中。

Media_httpvelaappcoma_lklqr

Vela App(米国ビエホ)
Velaは、音声コントロールの音楽アプリ開発スタートアップ。SpotifyやRdioなどのサービスから音楽を音声で検索できたり再生できるiPhoneアプリはすでにローンチ済み。

Media_httpwwwtheeffec_ffuzt

WholeWorldBand(アイルランド、ダブリン)
WholeWorldBandは、音楽制作プラットフォーム。ミュージシャンは誰でもパフォーマンス動画を投稿でき、好きな音と自分のサウンドをミックスさせ、楽曲を作ることができる。ローリング・ストーンズのギタリスト、ロニー・ウッドやU2のエッジもサウンドを提供しています。

オルタナティブ

Media_httpa1545phobos_rafud

Playground.fm(サンフランシスコ)

Playgroundは、友人やDJがキュレートしたプレイリストから音楽を発見し視聴できるモバイルアプリ。iPhoneの保存している音楽やSpotify, Rdioの設定でユーザーの音楽嗜好を分析し、ジャンルやムードに最適なプレイリストをレコメンドしてくれる無料アプリ。ビルボードの「2012 Billboard FutureSound Innovators」ファイナリスト。

Pulselocker(サンフランシスコ)

PulselockerはDJ向けの定額制音楽サービス。月額料金を支払うとDJは好きなストリーミング再生ができて、DJする時にはトラックがダウンロードできる便利なサービス。「DJのSpotify」とも呼ばれています。まだベータ版。

Stereotypes (ニューヨーク)
Stereotypesは、友人同士で音楽嗜好をシェアするグループチャット・アプリ。LINEでスタンプを付けて音楽のフル視聴をシェアするイメージ。すでにiPhoneアプリローンチ済み。ログインはFacebookで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Twitter, Facebookページもやっています。ご興味があればRSS購読、またはフォロー宜しくお願い致します。
* ブログのタイトルを募集中です。

ソース
関連記事  ソーシャルな音楽共有サービスのSoundCloudが登録ユーザー数500万人を突破、アシュトン・カッチャーから出資を受ける
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ