Amazonは、購入したCDアルバムの音楽データを無償でクラウドに保存してくれる「Amazon AutRip」にアナログレコードを追加したと発表しました。

これは今月20日の「レコード・ストア・デイ」を前に、アナログファンにとっては嬉しいニュースです。

Amazon AutoRip Extends to Vinyl—Customers Now Receive Free MP3 Versions of Vinyl Records Purchased From Amazon—Past, Present and Future (発表資料)

CDのAutoRipと同様に、アナログの新作や、1998年以降に購入したアナログレコードが追加の対象になり、AmazonのCloud Playerクラウド上に自動で保存されます。

Amazonのデジタル音楽担当副社長のスティーブ・ブーム(Steve Boom)は、「アナログレコードに取り組みを拡大できて嬉しく思います。多くの音楽購入者はアナログのファンです。これまでアナログレコードのデジタル版を提供することは難しかったですが、これでレコードプレーヤーへのアクセスがない場所で購入してもアルバムをお楽しみいただくことが可能になります」と述べています。


AutoRip
は新規に購入した、あるいは1998年から購入したCDのデジタルコピーをAmazon Cloud Playerに無料で保存してくれるサービスです。保存されたデータは256Kbps MP3データとなり、iPhoneやタブレットやKindle Fire、スマートTVなど多数のデバイスでAmazon Cloud Playerアプリを通じて視聴することが可能になります。

アマゾン、購入したCDMP3データをクラウド上で無償提供する「Amazon AutoRip」サービスを開始

今回のアップデートで、今日からAmazon利用者は、対応するアナログレコードをAmazonで購入すると自動的に音楽のMP3データがクラウドに保存されるようになります。

対象作品には、マムフォード・アンド・サンズ、The Lumineers(ルミニアーズ)、ブルーノ・マーズ、ケリー・クラークソンなど人気のアーティスト作品を始め、大手レコード会社の名作など数千作がすでに対応しており、随時追加されていくそう。

AmazonのMP3ストアは現在2300万曲以上の楽曲カタログがあります。AutoRipに対応したCDやアナログレコードのカタログ数については発表されていませんが、1月の開始時には5万枚以上のアルバムに対応し、今後も追加予定と説明がありました。

 

ソース

Amazon Expands AutoRip To Include Support For Vinyl, Giving Record Buyers Free MP3s For Their Purchased Tunes(4/3 TechCrunch)

関連記事  米国最大のネットラジオPandora RadioのCEOが辞任を発表、後任探しが始まる
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ