20130427-072525.jpg

オンラインメディア会社AOLは、自社が持つ全音楽メディア「AOL Music」、「The Boot」、「Noisecreep」、「Spinner」、「The Boombox」を終了します。

AOLは音楽メディアのスタッフを即座に解雇したそうです。しかし、メディアがいつまで活動するかなど、明確な日程は明らかになっていません。

AOLの音楽メディア終了のニュースは、Spinnerの記者Dan Reillyがスタッフ会議中にツイートしたことで明らかになりました。

20130427-072749.jpg

Spinnerは1999年にAOLが買収したネットメディアで、最も初期の音楽サイトとして知られていました。Spinnerは日々の音楽ニュースに加えて、特別インタビュー、ライブレコーディング音源、アルバム視聴、フリーダウンロードなどを提供して長年AOLのメディアとして活動してきました。

Reillyのツイート以外にも、いくつかのAOL関連のTwitterアカウントが、サービス終了をツイートしています。

以前はSpinnerのような音楽メディアは、重要な音楽批評サイトとして多くの読者が訪れる場所となっていました。しかし、ピッチフォークなど独立系音楽メディアや、音楽ブロガーが次々と登場してきたことで、音楽メディアシーンも変わりました。そしてそれらのサイトはAOLよりも上手いやり方で情報を届けています。逆の見方をすれば、AOLはこれだけのリソースを持ちながら対応出来てこなかったということになります。

AOL音楽メディア休止の理由として音楽コンテンツや音楽ニュースの分野での競争が激化している流れが、確実に広がっています。Huffington PostやTechCrunchなど大型メディアを買収しているAOLにおいて、今のままでなら広告主は音楽メディアを魅力的なメディアと判断することは少ないでしょう。

何と言っても、この皮肉なコメントが最も受けました!

関連記事  Event | 12/12 「Twitter Night Vol.4(忘年会)ツイッター本著者と2009年のつぶやき納め」@ 新宿ロフトプラスワン 参加してきました
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ