Spotifyと競合する音楽ストリーミングサービス「Deezer」がサービスエリアを拡大、韓国、台湾でも開始!

 

フランスのサブスクリプション型音楽ストリーミングサービス「Deezer」が有料会員数400万人を突破したことが明らかになりました。Deezerに加えSpotifyの有料会員数が現在600万人に達していることからも、音楽ストリーミングサービスは世界的に成長している音楽サービスの分野と言えます。

最新のDeezerの動向は、同社のCEO、アクセル・ドーシェ (Axel Dauchez)によって業界向けのデジタル音楽カンファレンス「Music Matters Asia」で発表されました。

以下が発表された新しい数値です。

・サブスクライバー(有料会員数):400万人

・月間アクティブユーザー数:1000万人

・楽曲カタログ数:2500万曲

DeezerはPCやスマートフォン、タブレット、デジタル家電などで好きな音楽が聴き放題できる音楽ストリーミングサービスです。競合のSpotifyやRdio, Rhapsodyなどとの大きな違いは、米国と日本の世界2大音楽市場を無視して世界進出を進める拡大戦略を実施し、ユーザー数の獲得と市場の先発優位性を確保しようとしていることです。

今年1月にはDeezerは韓国や香港などアジア諸国でもサービスを開始しています。同じくSpotifyも4月にシンガポールや香港でサービスを開始しました。Deezerの182ヶ国に比べ、Spotifyは28ヶ国でのサービス展開になります。世界的にデジタル音楽サービスの規模が拡大し、またアジアへの進出が本格化する中で、DeezerとSpotifyが注目する市場の中に日本が入っていることは間違いないでしょう。
Spotifyと競合する音楽ストリーミングサービス「Deezer」がサービスエリアを拡大、韓国、台湾でも開始!

Spotifyと競合する音楽ストリーミングサービス「Deezer」がサービスエリアを拡大、韓国、台湾でも開始!
Deezerユーザーは無料リスニングに加え、有料のリスニングプランに参加することが可能です。ユーザーは無料視聴から広告を外したい場合や無制限に聴きたい場合は、有料プランへアップグレードします。(下記は英国プランを参照、各国で異なる)
Deezer Premium」:月額  4.99€、広告無し、無制限聴き放題
Deezer Premium Plus」: 月額9.99€、モバイルからのアクセス、IPTV、オフラインモード利用可能

Deezerが400万人の有料会員数を獲得したということは、音楽サービスを有料でも使いたいと思うユーザーは400万人以上も存在しているということです。Spotifyの有料会員600万人と合わせると、この2社で1000万人の有料会員がいることになります。この成長は比較的新しいサブスクリプション型音楽サービスの分野にとって今後の可能性につながるのではないでしょうか。特にDeezerの場合、ユーザーのライフスタイルに合わせた分野でユーザーが最も音楽に接しやすいスタイルでサービスを提供することで、成長を達成してきました。例えばモバイルの分野です。

Deezerは市場進出において、ローカルのモバイルキャリアと提携し、携帯ユーザー向けに音楽ストリーミングサービスをバンドルした料金プランを提案し、スマホやタブレットでも視聴できる戦略を取っています。これまでの音楽サービスは「アプリをダウンロードして下さい」的なアプローチだったので、購入したその日からスマホにバンドルされている発想はありませんでした。

スマホがより日常的なデバイスになった今日、時間の使い方や情報の取得がモバイルに依存する傾向が高くなりつつあります。その中で音楽をより日常的にするためにはアプリを開発するだけでなく、キャリアや決済サービスとの連携による「音楽のエコシステム」を形成することが、ユーザーにリーチするためには重要になってくると思います。現在ではSpotifyもモバイルキャリアと連携したモバイル戦略を取っています。音楽サービスもこれからは他社を巻き込んだ成長戦略を実施していくことが、モバイルアプリの開発以外にも求められる時代が来るような気がします。

 

ソース
Subscriptions Rising: Four Million People Pay Deezer for Music(5/23 Evolver.fm)

関連記事  米Yahoo!、音楽情報解析サービスのEcho Nestと提携して音楽サイトを強化
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ