Spotifyと競合する音楽ストリーミングサービス「Deezer」がサービスエリアを拡大、韓国、台湾でも開始!

フランスに拠点を置く音楽ストリーミングサービス「Deezer」は自動車ブランド「Mini」と提携し社内での音楽配信機能を拡張しました。

本日からDeezerのサブスクリプションプラン「Premium+」会員の人は、Deezerアプリと車載エンターテイメント・システム「Mini Connected」を連携させるだけで、Deezerの2500万曲以上の音楽に車の中からアクセスできるようになります。

 

運転手はMiniジョイスティック、ダッシュボード、運転ハンドルに付いているボタンを使ってアプリを操作します。

音楽サービスと自動車ブランドのパートナーシップは年々拡大しており、社内の音楽体験をCDやiPodの代わりに音楽ストリーミングから配信するという音楽版「Connected Cars」の流れが海外では浸透しています。Deezerは今年始めにボルボとも提携し、車載エンターテイメント・システムに音楽アプリの連携を開始しています。またネットラジオPandoraは合わせて85車種以上のシステムに統合され、車内のエンターテイメントを強化しています。自動車ブランドにとっては、独自のコンテンツを獲得する手間とコストがなくなり、運転手は自分が普段使っている音楽サービスの設定やプレイリストをそのまま車内にも持ち込んで楽しめるというメリットがあります。

音楽サービスと主な自動車ブランドの提携関係

Deezer – ボルボ, Mini

Spotify – ボルボ、フォード、

Pandora – クライスラー、米マツダ、メルセデス・ベンツ、フォード、GM

 

例えば自動車メーカーが独自の音楽コンテンツを始めるとなれば、コンテンツ取得(使用ライセンスを含む)などゼロからはじめなければならない必要があります。また必ず運転手や家族のニーズにマッチしたコンテンツを配信できるとも限りません。もし実施した場合でも、TVCMに使われている限られた楽曲だったり、ラジオで聴こえてくる音楽と変わりないコンテンツしか配信していないと思います。

音楽サービスと連携することで、パーソナライズドされたプレイリストやライブラリーが簡単に呼び出せたり、無限のカタログから検索ができるので、運転手にとってはラジオでは聞くことの出来ない音楽を車内で楽しむことができるでしょう。音楽サービスと連携を進める自動車ブランドは、数多くの運転手を満足させようとする自動車の機能的な考え方として音楽を提供するのではなく、一人の運転手が楽しめるパーソナリゼーションを追求できるかの付加価値を提供するサービス的なアプローチに今後の車内音楽の可能性を見出しているな気がします。

 

 

 

ソース

Deezer partners with Mini for in-car service(5/30 Music Week)

関連記事  Facebookの音楽ストリーミングサービス参入計画が明らかに。動画配信でのマネタイズでレーベルと交渉
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ