無料のネットラジオサービス 「TuneIn」がアグレッシブに事業を拡大しています。TuneInは新たに2500万ドルの資金調達に成功し、自動車メーカーとの提携や放送事業者向けの広告ソリューションの開発に注力します。

パロアルトに拠点を置くTuneIn7万局以上のAM, FM, デジタル放送と200万以上のオンデマンド放送を、ウェブやスマートフォン、タブレット、Kindle、スマートTV、車向けに配信する完全無料のネットラジオ・アグリゲーション・サービスを提供しています。TuneInは現在22ヶ国語で提供され、ローカルコンテンツにアクセスが可能です。勿論日本語にも対応しています。

CEOのジョン・ドナム(John Donham)は、「PandoraやiHearRadioiのようなストリーミングサービスは、ユーザーの音楽コレクションをシャッフルして聴くようなもの。しかしこれらのサービスには『ライブ感』が欠けています。DJや人が放送する側にいれば、リスナーの生活とラジオの関係はより強いものになります」と、音楽ストリーミングサービスとの違いを説明します。

またTuneInは自動車の中での音楽体験に大きなビジネスチャンスを狙っています。TuneInは電気自動車ベンチャーのテスラ・モーターズとの提携を発表し、車載システムにTuneInを組み込む契約を結びました。またフォード、GM、BMW、MINIともパートナーシップを締結し、30車種の車載システムでのサービス提供を行います。TuneInでは車内からの月間アクティブユーザー数は200万人を超えると発表しています。

また調達した資金は、提携するラジオ放送局の収益化戦略に当てるとドナムは話します。現在TuneInはラジオストリーミングの開始前に流れるオーディオ広告ディスプレイ広告から収益を得ており、広告収入は放送事業者とレベニューシェアしています。

 

 

TuneInは2013年1月〜4月の視聴時間が合計で10億時間を超え、月間アクティブユーザーは世界230ヶ国から4000万人に上ると公表しました。成長の大きな要因はモバイルデバイスからのアクセス増加です。詳細は語られていませんが、ローカル放送局がTuneInプラットフォーム上で広告からマネタイズできるソリューションをブロードキャスター向けに提供するようです。

また無料で提供しているTuneInのサービスをサブスクリプション型に変更してのマネタイゼーションは、「ラジオリスナーへの価値提案を高めるため」有料化は計画していないともコメントしています。参考までにですが、米国最大のネットラジオPandora Radioの月間アクティブは6950万人で、TuneInを大きく突き放しています。

TuneInの新規資金調達ラウンドには、Institutional Venture, Sequoia Capital, General Catalyst, Google Venturesが参加しました。

 

TuneIn  Listen to Online Radio, Music and Talk Stations

 

ソース
TuneIn raises $25 million, nabs new CFO from Google to monetize radio streaming(5/29 GigaOM)
TuneIn takes on Pandora, Sirius to bring streaming radio to cars(5/31 LA Times)

関連記事  [インフォグラフィック] iPad 、スマートフォン、PCで読むオンライン新聞のユーザー特性をデバイス別、時間別に示してみました
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ