20130525-112433.jpg

全米最大のネットラジオサービス「Pandora Radio」は、2500万台以上の自動車に搭載される車載システムでPandora Radioが利用されたことを発表しました。そしてPandoraと提携する自動車メーカーおよびブランドは23社に上り、サードパーティ製ステレオメーカーとの提携は8社へと拡大しました。


Pandora radioは、リスナーが好きなアーティストや楽曲を独自のレコメンデーションエンジン「Music Genome」が解析し、嗜好に適した音楽を自動再生する音楽ステーション機能を持った無料のパーソナライズド・ネットラジオです。Pandora Radioは無料でサービスを提供する代わりに、広告が音楽再生の合間に挿入されます(広告を完全に外すには年間36ドルのPandora Oneに加入できる)。一方で、 Spotify やRdio、Deezerといった音楽ストリーミングサービスのようなオンデマンド再生機能は持たないサービスです。

Pandora Radioでは、今年米国で販売される新車の3分の1にPandora Radioが搭載されて出荷されると予想します。

Pandora Radioは今年4月に米国内のユーザー数が2億人を突破したことを発表、その半数は過去2年で獲得したことを発表しました(Pandoraの創設は2000年)。また月間アクティブユーザーは7000万人、視聴時間は15億時間近くに上ることも明らかになりました。

ラジオは米国の自動車市場では大きな存在です。Pandora Radioもこの市場を大きなビジネス機会と捉えています。そのため、これまで多くの自動車メーカーやシステムとの連携をどのサービスよりも早く進めて来ました。2010年にフォードの車載プラットフォーム「Sync AppLink」へのサポートを表明して以来、BMW, ビュイック/キャデラック/シボレー/GMC (GMブランド)、フォード/リンカーン, ホンダ, 日産、トヨタ/サイオン/レクサス、マツダ、ヒュンダイ、メルセデス・ベンツ、Miniなど、これまで100以上のモデルのシステム用にPandoraを組み込んできました。今後はドッジ、インフィニティ、ジープ、キア、ラム・トラックとも提携を結ぶ予定です。

 

ソース
Pandora hits 2.5M in-car activations, will come in a third of new vehicles sold in the US this year(6/24 The Next Web)

関連記事  アメリカ人の「音楽の聴き方」の変化が一目で分かるチャート
Jay Kogami

執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、寄稿記事、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebookメッセンジャーからご連絡のほど宜しくお願い致します。

  • プロフィール
  • お問い合わせ